イビラプエラ公園の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

イビラプエラ公園
Parque do Ibirapuera (パルケ ド イビラプエラ)

2017/05/05 更新

基本情報

住所

Av. Pedro Alvares Cabral - Vila Mariana, Sao Paulo

Avenida Paulista(パウリスタ大通り)からタクシーで約10分

料金

無料

営業時間

月曜-金曜は5:00-24:00
土曜、日曜は24時間

休業日

年中無休

HP

サンパウロのイビラプエラ公園の噴水
データガイド
アクセス・入場

データガイド

概要

特徴


サンパウロの市政400年を記念し、1954年に造られたイビラプエラ公園。ブラジルを代表する有名建築家オスカー・ニーマイヤー、ブーレ・マークスが手がけた公園として知られる。

約120ヘクタールという広大な園内には、1932年の護憲革命を記念した高さ72メートルの塔が建てられているほか、3つの美術館、総合体育館、航空博物館、ジョギングコース、桜並木、桂離宮がモデルの日本庭園などがある。日本庭園内に位置する日本館には、日本の美術品や伝統工芸品が展示されているほか、日系移民開拓先没者慰霊碑があり、日本との深い歴史を感じることができる。

大小いくつもの噴水があり、広々とした芝生広場ではコンサートなどのイベントが開催されることも多く、都会の中のオアシスとして市民の憩いの場となっている。

編集部一押しの観光プラン

サンパウロの主要スポットを巡る濃縮プラン

サンパウロ旅行者の必読記事

アクセス・入場

イビラプエラ公園へのアクセス

Av. Pedro Alvares Cabral - Vila Mariana, Sao Paulo

Avenida Paulista(パウリスタ大通り)からタクシーで約10分

人気記事

海外での防犯対策グッズ
HowTravelおすすめのスーツケースブランド