サンパウロの近郊列車(CPTM)の料金、乗り方 、路線図、注意点

サンパウロの近郊列車(CPTM)

2017/05/05 更新

サンパウロのCPTM
データガイド

データガイド

概要

サンパウロのCPTM

サンパウロの中心と郊外を結ぶ近郊列車(CPTM)は、地下鉄との乗り換えも無料で使い勝手が良い。また、週末は観光客向けに主要駅を走る路線「Expresso Turístico」も不定期で運行中だ。2017年にはグアルーリョス国際空港(サンパウロ国際空港)への急行列車の路線も建設されており、これからますます活躍する事になるだろう。

CPTM公式ホームページ
http://www.cptm.sp.gov.br/sua-viagem/Pages/sua-viagem.aspx

路線の種類

地下鉄の路線は1号-5号線が、近郊列車の路線は7号-12号線が割り振られており、それぞれテーマカラーが配色されている。Bras駅からグアルーリョス国際空港を結ぶ13号線は2017年に開通予定だ。

また、週末に走る観光急行「Expresso Turístico」は、Luz駅を始発駅としてJundiai駅、Mogi das Cruzes駅、Paranapiacaba駅へ伸びる3路線である。

路線図(PDF)
http://www.metro.sp.gov.br/pdf/mapa-da-rede-metro.pdf

乗車券の種類

CPTMの料金は地下鉄と同じく一律R$3。通常の切符を始め、ICカードを利用して乗車する事ができる。

切符

通常の乗車券で、駅の窓口で購入する。切符に有効期限はなく、CPTMのどの駅からでも使用できる(地下鉄やバスは利用不可)。利用分をまとめて買っておくのも時間の節約にあんる。

ICカード(ビリェッチ・ウニコ)

ビリェッチ・ウニコ(Bilhete Unico)は、日本の「Suica」のように利用できるICカード。全ての公共交通機関で使用可能だ。1回利用あたりの料金は通常の切符と同じくR$3だが、市バスを乗り継ぐ場合には割引がつき、R$6のところがR$4.65となるのがポイント。また、初めて改札を通ってから3時間以内のバスの乗り換えは最大3回まで無料である。

■価格
カードの料金は最低R$15で、全額使用する事が可能。チャージは金額を指定できる。

■購入場所
駅の窓口や売店、宝くじ売り場等。駅内でチャージができる。

ICカード(カルトン・フィデリダージ)

カルトン・フィデリダージ(Cartao Fidelidade)はビリェッチ・ウニコと同じくプリペイド式のICカード。こちらは近郊列車(CPTM)と地下鉄を割引料金で利用する事が可能だ。ただし、市バスには使用できないので注意しよう。

■価格
カードの購入は以下の3種類から(カード料R$2が含まれる)。
R$24.3(8回分)
R$55.8(20回分)
R$129.5(50回分)

カードのチャージは以下の3種類から。
R$22.3(8回分)
R$53.8(20回分)
R$127.5(50回分)

■購入場所
メトロの駅窓口で購入可能。自動でチャージできる機械もある。

近郊列車(CPTM)の乗り方

①使用する路線や駅を確認する
あらかじめ、利用する路線や駅を確認してから駅へ向かおう。

②自動改札を通ってホームへ
駅は自動改札になっている。一律料金なので、一度入れた切符は戻って来ない。また、ICカードは改札の液晶パネルにタッチする。

③乗車
Se駅等の主要駅では、まず降車用のドアが開き、その後反対側の乗車用ドアが開く。間違って乗車用のドアから降りてしまうと、出口がないので注意。

④降車
車内の案内板や駅の標識を参考に降りる駅をチェックして、出口へ向かおう。

編集部一押しの観光プラン

サンパウロの主要スポットを巡る濃縮プラン

  • サンパウロのお勧めツアー

    サンパウロ市内半日観光ツアー

    サンパウロの人気スポットを効率良く巡るプラン。ルス駅やカテドラル、世界最大規模の日本人街であるリベルダーデ周辺エリアなど、半日でも見どころは盛りだくさん。観光の下見にも、治安が不安な人にもおすすめだ。

    ➡ 詳細はこちら

  • サンパウロ旅行者の必読記事

    (Photo by Diego Torres Silvestre)

    人気記事

    海外での防犯対策グッズ
    HowTravelおすすめのスーツケースブランド