シドニーの観光スポット人気ランキング

観光

41件

The Mint

ザ・ミント(旧造幣局)

伝統的なシドニーの住宅でお茶を楽しむ

ザ・ミントは、1855年から1926年まで造幣局として使われた歴史的建造物である。もともとは囚人達のための病院であるシドニー病院の一部として1811年に建てられ、1855年からはオーストラリア最初の貨幣を造る造幣局として使われた。

Vaucluse House

ボークルーズ・ハウス

優雅にタイムスリップを

ボークルーズ・ハウスは、シドニーの中心街から東へ10キロメートルほど離れた、一般(団体)旅行客がまず訪れない落ち着いた場所に立つウェントワース家の邸宅だ。 シドニーは、歴史的建造物が多く残っていることでも知られているが、この邸宅はオーストラリア開拓時代の面影を残した豪邸になっている。

Parliament of New South Wales

州議事堂

世界で最も古い議事堂と図書館のステンドグラスにうっとり

NSW 州議事堂は、1816年に建設された世界で最も古い歴史を持つと言われる議事堂である。 議会が開催されていないウィークデーには、一般公開も行われているほか、予約制のガイドツアーもあるのでウェブサイトでチェックしたい。 日本語対応のパンフレットもあり、安心して見学できる。

Government House

総督官邸

エドワード・ブロア設計のゴシック様式の邸宅

総督官邸は、バッキンガム宮殿を設計した建築家、エドワード・ブロアが設計した美しいゴシック様式の邸宅である。 緑豊かな美しいイギリス式庭園と、噴水を背景としたゴシック様式の重厚感ある邸宅は、思わず宮殿を彷彿とさせる。

Clovelly Beach

クローベリー・ビーチ

お魚がたくさんいるビーチ

家族連れやシュノーケル好きに人気のクローベリー・ビーチ。 ここは非常によく整備されたビーチでもある。 プールもあり、遠浅のビーチもありといった環境は、小さなお子さんがいる家族にも優しいビーチと言える。

Tamarama Beach

タマラマビーチ

ローカルの穴場ビーチ

有名なボンダイビーチから歩いて20分ほどにある100年以上もローカルが集うビーチだ。 こぢんまりとしたビーチで、外国人の観光客はあまりやってこない穴場と言えるビーチだ。

Dee Why Beach

ディーワイビーチ

白熱のビーチ

マンリーから北に6キロメートルの場所にあるノーザンビーチの一つ「ディーワイビーチ」に行ってみよう。 ここは波も良いことでも知られているため、プロのサーファーも訪れる熱いビーチだ。

Bronte Beach

ブロンテ・ビーチ

のんびりした素敵なビーチ

ボンダイビーチからクージービーチまで海沿いのウォーキングコースの中間点にある、ブロンテビーチ。 観光客にはあまり知られていないビーチの一つだ。

Maroubra Beach

マルーブラ・ビーチ

シドニーのBBQといえば

マルーブラ・ビーチと言えば、シドニーのサウスビーチの一つとして有名だ。 ここは、ローカルサーファーたちがたくさん集まるビーチの一つである。 波も良く、中・上級者が多くいるスポットだ。

Chinese Garden of Friendship

中国庭園

シドニー内の本格的な広東式庭園

中国庭園は、タウンホールやダーリングハーバーの南に位置する広東式の庭園である。 シドニーと中国の広東州が姉妹都市として提携を結んだ記念に1988年に建設された。 シドニーの中心部にありながら、まるで、中国広東州に訪れてきたような錯覚を覚えるほど本格的な広東式庭園となっている。

1 2 3 4 5