【ハワイ】バギーを体験!予約方法や必要な免許、バギーの醍醐味などの情報をご案内

ハワイのバギー

2019/01/16 更新

データガイド

データガイド

概要

ハワイで楽しむ四輪バギー

バギー体験は、ハワイの自然を肌で感じられる爽快感抜群のアトラクションだ。草木をかきわけ泥水を跳ね上げて進むスリル満点のコースや、雄大な自然の景色を眺めながら走るコースなど、様々なコースを楽しめる。

ハワイでのバギー体験は屋外型のレクリエーション施設の敷地内を走るコースが多いことも特徴的だ。選ぶプランによっては、木々の間を通るワイヤーにぶら下がって滑空するジップラインなど、他のアトラクションと合わせて楽しめるプランなどもある。一日アクティブに遊びまわるのもおすすめだ。

日本ではなかなか乗ることのできないバギーに乗って、ハワイの爽やかな風と美しい景色を堪能しよう

服装

・動きやすく、汚れても良い服装
・つま先が保護された汚れても良い靴

バギーは、舗装されていないコースを駆け抜けるアクティビティだ。途中、泥水が跳ねあがるような道も走ることになる。泥は容赦なく上半身にまで跳ね上がるので、必ず動きやすく、汚れても良い服装で参加するようにしよう。

半袖・短パンでも問題はないが、日焼けが気になる人はアームカバーや長袖、長ズボンを着用しても良いだろう。

靴は、つま先が保護されており、脱げにくく、ヒールが低いものが必須。天候によっては足元が泥水に浸かるようなコースを走ることもあるので、汚れても良いものを持参するようにしよう。クロックスまたは類似した靴を事前に用意しておくのも良いだろう。

また、運転に挑戦する場合は、指輪などのアクセサリーを外しておくことを強くおすすめする。ハンドル操作の際に強く握りこむと、指輪が指に食い込んで怪我をする可能性があるので、要注意だ。

便利なアイテム

・日焼け止め
・サングラス
・ボディシート
・タオル
・着替え

アクティビティに参加する際は長時間屋外にいることになる。日焼け止めは事前にしっかり塗っておくようにしよう。ハワイの日差しは強く、忘れると後々痛い目を見ることになってしまう。サングラスと併せて用意しておこう。

砂埃が舞い上がるので、頬に砂や泥がつくのが嫌な人や、気管が弱い人は、合わせてマスクなどを持っていくのもおすすめ。

また、泥汚れや汗を拭くのに、ボディシートやタオルなどを持参しておくと便利だ。着替えの際に活躍してくれる。

雨季にはスコールでびしょ濡れになることもある。レインコートを持参するか、あるいはレインコートは暑いので、敢えて水着を着て参加するのも良いかもしれない。

免許

21歳以上であれば、特別な資格や免許は必要ない。現地で簡単な運転レクチャーを受け、運転できそうだと認められたら問題なくバギー体験に参加できる。万一、運転が覚束ないと判断されると自分では運転できない。2乗り以上のバギーにて、仲間に運転してもらうなどの対応が必要だ。

ただし、バギーの運転は思っているよりも簡単なので、大概の人は問題なく運転できるだろう。

体験

ハワイでのバギー体験で、日本語で予約ができるお勧めプランを3つ紹介する。

映画ロケ地や180度の絶景パノラマを有する広大な敷地で起伏の多いオフロードを駆け抜ける!<1人乗り/5人乗り> クアロア牧場

ハワイのバギー体験の定番プラン!

映画「ジュラシック・ワールド」や「キングコング:髑髏島の巨神」、ドラマ「LOST」などの人気作品のロケ地として多数使用されているクアロア牧場での四輪バギー体験プラン。東京ドーム450個分の広さを誇る敷地内には、自然の雄大さを感じさせる圧巻の光景が広がる。

同行者と同乗してのプランと、1人乗りのバギーを運転するプランがあり、前者の運転手は21歳、1人乗りのバギーは16歳から運転することができる。テストコースがあり、オフロードコースに出る前の講習も万全だ。

それぞれ1時間のプランと2時間のプランが用意されており、走行距離やコースが異なる。起伏の多いオフロードを風を切って進みながら大自然を眺める体験は唯一無二。せっかくなら、2時間のコースでたっぷりと堪能しよう。

■料金:$88.95-
■送迎:なし
■所要時間:1時間コースor2時間コース
■開催曜日:毎日

四輪バギー&ジップライン 巨大アスレチック施設で遊び尽くそう!コーラルクレーター・アドベンチャーパーク

色んなアクティビティとセットで楽しみたい人向け

ハワイ唯一の屋外レクリエーション施設「コーラルクレーター・アドベンチャーパーク」で、四輪バギーとその他のアトラクションを満喫できるプラン。ワイキキ地区もしくはコオリナ地区の指定ホテルから送迎付きだ。

四輪バギーとジップラインのみのプランと、施設内のアクティビティをすべて堪能できる1日がかりのプランが用意されている。せっかくなら、パークの名物である50フィートの高さがある「アドベンチャータワー」でのウォールクライミングなどのアクティビティも満喫しよう。

四輪バギーで走行するのは、泥水を勢いよく跳ね飛ばして進む道も含んだ1マイルもの長さのテクニカルなコース。スリル満点のコースを走る体験は、ハワイに滞在する間でも屈指の思い出になるだろう。

■料金:$230.36-
■送迎:なし
■所要時間:30-50分(バギーのみの時間)
■開催曜日:毎日

ATV四輪バギー乗車体験 ジャングルを疾走<英語ガイド>

約37キロを走破する!たっぷり体験ならこのプラン

カウアイ島のオフロードを駆け抜ける四輪バギー乗車体験プラン。こちらは送迎がなく、カウアイ島南部のコロアに位置する催行会社に現地集合する形のツアーなので、周辺観光と合わせて楽しむのがおすすめ。

コロアは、ハワイの砂糖産業発祥の土地。プランテーション時代の風情が漂う独特の景色の中をATVで駆け抜ける、アドベンチャー感溢れる唯一無二の体験が楽しめる。1、2名乗りの小型から、4名乗りの大型まで3種類のATVが用意されているので、同行者と相談して予約プランを決定しよう。

道中には綺麗な水の流れる滝もあり、砂埃を滝の水で洗い落とすワイルドな体験もできる。自然の雄大さと、ハワイの歴史を感じる23マイル(約37キロメートル)、所要時間4.5時間にも及ぶツアーを堪能してほしい。

■料金:$316.23-
■送迎:なし
■所要時間(送迎含む):4.5時間
■開催曜日:毎日

編集部一押しの観光プラン

豪華客船から眺める至高のサンセットと一流のディナー

  • スターオブホノルル号 サンセットディナークルーズ

    ハワイ最大級の豪華客船スターオブホノルル号で、最高のサンセットと一流のディナーを満喫。細やかなホスピタリティーやフラのショーも大人気だ。家族連れやカップルなど世代を問わず、乗船者にロマンチックな一夜を約束する。

    ➡ 詳細はこちら

  • ハワイ旅行者の必読記事

    人気記事

    ハワイのホテル
    【ハワイのホテル】避けるべき危険地区の解説・お勧めホテル紹介
    飛行機で安眠できる最強睡眠グッズを旅のプロが厳選
    海外での防犯対策グッズ
    海外旅行中のあらゆる盗難を防止する究極の防犯グッズ特集