【複数業者を分析】ハワイのスキューバダイビングおすすめプラン8選

2019/03/08 更新

ハワイで参加できるスキューバ・ダイビングプランを、複数サイトを横断して調査。評価の高かったプランをダイビング催行業者を横断して厳選し、利用シーン別に紹介している。

ハワイのスキューバダイビングの特徴

海の中を冒険しよう

スキューバダイビング(英: scuba diving)とは、空気を詰めたタンクを背負って潜水し、海中の世界を楽しむマリンレジャーである。

スキューバ=SCUBA(「スクーバ」とも発音する)とは、Self Contained Underwater Breathing Apparatus の頭文字で、日本語では「自給式水中呼吸装置」という意味である。つまり、「自給式水中呼吸装置」を使用することで、水中で呼吸をしながら海の中を潜り、海の中の素晴らしい世界を楽しむことをスキューバダイビングという。

スキューバダイビングをするにあたっては、原則数日間の講習を受けてCカードと呼ばれるライセンスを取得する必要があるが、ライセンスを持っていない方は体験ダイビングをすることも可能である。

Cカードにはオープンウォーターダイバー等のランクがあり、レベルが上がるほどにダイビングを楽しめる範囲が広がる。水中という特殊な環境下で行うスキューバダイビングを安全・快適に楽しむために、スキューバダイビングに関する知識が大事なのはもちろんのこと、体調管理や器材管理も重要になってくる。

ハワイでスキューバダイビングをするには、インストラクターや船を所持している「ダイビングショップ」が用意しているダイビングプランに申し込むことになる。それぞれのダイビングショップで、様々なプラン(体験ダイビングプランやファンダイビングプランなど)が用意されているので、興味のあるプランに申し込もう。

この記事では、ハワイのダイビングショップの概要を解説した後で、「ショップやプランが多すぎて選べない」という方のために、複数のショップや予約サイトを横断してお勧めのダイビングプランを紹介している。

シーン別にお勧めのツアーを紹介しているし、どのプランもユーザー満足度の高い高評価のものを厳選しているので、初心者からベテランまで参考になるだろう。

ハワイのダイビングショップマップ

ハワイには日本人経営のダイブショップが多く、体験ダイビングから講習ダイビング、ファンダイビングまで幅広いコースを用意している。初めての方には、海洋保護区に指定されているハナウマ湾で潜るワイキキ発の体験ビーチダイビングが人気である。

気になるダイビングショップを見つけたら、どんなダイビングプランがあるのか確かめてみよう。




ショップ名 対応言語 エリア ダイビングプラン
MARINE EXPRESS,INC(マリンエクスプレス) 日本語 オアフ島

プランリスト

Alohana Divers LLC.(アロハナダイバーズ) 日本語 オアフ島

プランリスト

Green Dolphin Dive Shop(グリーン・ドルフィン・ダイブ・ショップ) 日本語 オアフ島

プランリスト

Grand Blue/td> 日本語 オアフ島

プランリスト

SUNSHINE SCUBA(サンシャイン・スキューバ) 日本語 オアフ島

プランリスト

Hawaiian Ocean Promotions(ハワイアンオーシャンプロモーションズ) 日本語 オアフ島

プランリスト

South Pacific Ocean Hawaii, Inc.(サウスパシフィックオーシャンハワイ) 日本語 オアフ島

プランリスト

ZERO GRAVITY MAUI(ゼログラビティマウイ) 日本語 マウイ島

プランリスト

Isana Ocean Sports, LLC.(イサナオーシャンスポーツ) 日本語 マウイ島

プランリスト

業者を横断して調査!高評価厳選のハワイお勧めダイビングプラン8選

お目当てのダイビングショップは見つかっただろうか。ショップの数が多く、選ぶのも一苦労かもしれない。そんな「ショップやプランの数が多すぎてどれにしたら良いのか分からない」という方のために、ダイビングショップや予約サイトを横断してお勧めのプランを紹介する。

シーン別にまとめているので、自分に適したプランを見つけよう。

紹介しているプランは、業者を横断して高評価を得ているものだけを厳選しているので、どれを選んでも満足度の高い体験ができるはずだ。

ダイビング初めての方はまずは体験ダイビングに参加してみよう。体験ダイビングなら、ダイビングライセンスを持っていなくても気軽にダイビングを楽しめる。

体験ダイビングでダイビングの面白さを知ったら、ライセンスを取得しよう。ライセンスを取得すれば潜れる深さも変わるし、参加できるダイビングプランの幅が大きく広がる。ライセンスは誰でも取得できるうえ、短期間で取得できるコースもあるので興味があれば挑戦してみてはいかがだろうか。

ダイビングライセンスを持っている方は、ライセンス保有者のみが参加できるファンダイブプランを楽しもう。抜群の透明度は一生の思い出になるだろう。


①オアフ島でお勧めのダイビングプラン3選

②マウイ島でお勧めのダイビングプラン3選

③ハワイ島でお勧めのダイビングプラン2選

オアフ島でお勧めのダイビングプラン3選(目次)


オアフ島には数えきれないくらいのダイビングポイントがある。ダイブポイントは東西南北で雰囲気がガラリと変わり、沈船、沈戦闘機、地形、ドリフト、リーフとオアフ島の海には様々な特徴がある。

ハワイで神様として扱われいるウミガメは、オアフ島で一番見ることができる。オアフ島のどのポイントでも頻繁に出現するので、高確率で出会うことができるだろう。

オアフ島の南側の代表的なポイントは、『YO-257』や『シータイガー』で、オアフ島を代表する人気沈船ダイビングポイントである。東側の代表的なポイントは、中上級者向けの『コルセア』、トンネルウォールがある『シーケーブ』、初心者や体験ダイビング向けの『マカプウ』。西側には、双発機が沈んでいる『エアプレーンレック』、地形ポイントの『マカハキャバーン』、通称エレクトリックビーチの『カヒ』がある。北側のノースショアは夏季限定のダイビングスポットであり、ケーブが多い『シャークスコーブ』や、マクロ天国の『ハレイワトレンチ』が有名である。

プラン名
(クリックで詳細)
特徴

①お勧めの体験ダイビングプラン

「幻の島」カネオに訪れるプラン

②お勧めのライセンス取得プラン

老舗名門校で取得するプラン

③お勧めのファンダイビング

「カヘ ポイント」に訪れるプラン

体験ダイビング 「幻の島」カネオヘ湾サンドバーから出発

立入りが制限されたエリアで最高の景色を堪能

CMや映画でも多数使われている「珊瑚礁の楽園」サンドバーでのダイビングができる貴重なツアー。サンドバーとはカネオヘ湾より沖2キロ一帯に広がる海のこと。干潮のわずかな時間だけ陸地が姿を現すため「幻の島」とも言われており、美しい白い砂と透き通った海のコントラストが絶景だ。特別な許可を有する一部のショップを通してしか立ち寄ることができないスポットで、ここでの体験は文字通り唯一無二だ。

オアフ島最大の珊瑚礁や熱帯魚の群れを間近で見れば、自然の雄大さに感動すること間違いなし。運が良ければウミガメに遭うこともできる。参加した人の「最高の体験だった」との声も多い。

もちろんインストラクターは日本人または日本語が堪能な熟練したスタッフで、コミュニケーションで困ることもない。一グループ最大4人までの少人数制のため指導が手厚いのも嬉しいポイントだ。別途料金でダイビング中の思い出を撮影してくれるサービスもあるので、旅の思い出を鮮やかに残したい方は是非申し込もう。

■料金:$138.00-
■送迎:あり
■所要時間(送迎含む):3.5-6.5時間
■開催曜日:月曜、火曜、水曜、木曜、金曜、土曜

PADIオープンウォーターダイビングライセンス取得コース<1~2日間>

あなたも立派なダイバーに!? 老舗名門校で安心ライセンス取得


数多のインストラクターを輩出してきた老舗名門校「サンシャインスキューバ」でライセンス取得ができる、安心・安全のコース。修了の暁にはあなたも立派なダイバーになっているだろう。

指導に当たってくれるのは、最高クラスの日本人インストラクター。5セッションの学科講習と4セッションの限定水域ダイブ、4ダイブの海洋実習がセットとなっており、充実した内容となっている。指導がわかりやすく、「ダイビング初心者でも安心してライセンスを取ることができる」と評判だ。2日間の講習は連続して受ける必要はなく、好きな日程で受講できるので他の旅程との兼ね合いも考慮して予約できるのも嬉しい。

ダイビング業界のスタッフ向けの職業訓練まで行える、高い技術水準を誇る店のみが与えられる 「PADI 5スターCDC」の認定を受けており、バックアップ体制はオアフ島随一と言って間違いない。受講料金がお手頃なのもイチオシポイントだ。

■料金:$390.00
■送迎:あり
■所要時間(送迎含む):2日間
■開催曜日:毎日

ファンダイビング 沈船/カヘポイントなど有名スポット厳選!

ビーチダイブかボートダイブを選べる! ブランクがあっても安心

フィッシュウォッチングだけでなく、沈没船探検も楽しめるコースまで用意されたアラモアナ沖でのダイビングツアー。他ではなかなかできない体験が約束されている。船酔いが心配な方も安心のビーチダイブと、ウミガメとの遭遇率90%を誇るボートダイブが用意されている。初心者でもインストラクターが手厚く指導してくれるので、体調や何を見たいかでコースを選択しよう。

機材一式のレンタルやインストラクターの講習費、保険料などコミコミで2ダイブ80ドルからという、手頃なお値段で本格的なダイビングが楽しめる。もちろん、お安いだけでなく安全に絶景を楽しむことができ、リピーターが多いことからもクオリティはお墨付きと言えるだろう。透明度の高い海でウミガメや熱帯魚との遭遇を堪能しよう。

1グループ最大4名までという少人数でのダイビングとなるため、インストラクターの目が行き届いた状態で安心してダイビングすることができる。熟練の日本人もしくは日本語が堪能なスタッフが揃っており、コミュニケーションも安心だ。

■料金:$80.00-
■送迎:あり
■所要時間(送迎含む):4.5-6時間
■開催曜日:毎日

マウイ島でお勧めのダイビングプラン3選(目次)


ハワイの中でもひときわダイバーに人気の高い島がマウイ島である。

ダイビングエリアは島の西側がメインで、モロキニ島とラナイ島周辺を合わせると約100ヶ所近いポイントが存在する。また、マウイ島近辺のダイビングエリアにはザトウクジラも頻繁にやってくると有名である。

マウイ島はオアフ島よりも日本人が経営するショップが少なく、多くが欧米人向けのショップになっている。ショップによっては日本人がボートにのらず、ほとんどのブリーフィングやガイドが英語になることもあるので注意が必要だ。

マウイ島南西沿岸から約5キロメートルの沖合に浮かぶ三日月形をした小さな島「モロキニ島」は、世界的に有名なダイビングポイントである。透明度50メートルを超えるクレーターの中でのダイビングはまるで空を飛んでいるよう。運が良ければジンベイザメにも会える。300メートルのドロップオフでドリフトダイブが楽しめる「バックサイド」は中級者や上級者にお勧めしたいダイビングスポットだ。

「ラナイ島」の海は溶岩でできた複雑な地形が有名で、その地形に太陽のやわらかい光がさしこんで出来た美しいシルエットから『カテドラル』と呼ばれるポイントもある。

「モロカイ島」は波が高いことで知られる上級者向けのエキサイティングなポイントだ。ここには常に強い流れがあり、ドリフトダイブが基本。高い確率で、ハンマーヘッド・シャークや回遊魚、珍しいハワイの固有種の魚も見ることができる。


プラン名
(クリックで詳細)
特徴

①お勧めの体験ダイビングプラン

少人数で手厚く指導してくれるプラン

②お勧めのライセンス取得プラン

老舗名門校で取得するプラン

③お勧めのファンダイビング

「カアナパリエリア」に訪れるプラン

体験ダイビング  ウミガメや熱帯魚の世界へ!

熟練日本人ダイバーが案内する美しい海の世界へ

30年以上のダイビング歴を誇る日本人ダイバーがインストラクターを務めるダイビングツアー。最大4名でのツアー催行となるので、目の行き届いた状況下で、自分のペースでダイビングを楽しめる。ビーチからの潜水となるので徐々に体を慣らすことができ、船酔いしやすい人でも不安なく楽しめるのが嬉しいポイントだ。

講習は手厚く、初心者でもしっかりと水に慣れた上でたっぷりと海の世界を堪能できる。透明度の高い美しい海で熱帯魚や、時にはサメやウミガメの姿を見ることもでき、また参加したいという声も多い。初心者はもちろん、経験者でも納得のクオリティなので、ライセンス所持者が初めての同行者と参加するのにもおすすめ。浅瀬は光が届きやすいので、旅の思い出を残す水中撮影にももってこいだ。

催行会社は現地では珍しい日本人経営。創立以来四半世紀に渡って日本人客に親しまれてきた老舗で、メディアにも多数紹介されている。安心・安全に美しい海の世界を堪能することができるイチオシツアーだ。

■料金:$150.00
■送迎:あり
■所要時間(送迎含む):2-4.5時間
■開催曜日:毎日

PADIオープンウォーター日本語ライセンス取得 2日間コース

熟練の日本人スタッフによるライセンス取得講習コース

全世界共通のライセンスがたった2日間で取得できる濃密なツアーパック。学科講習と浅瀬での基礎練習、海洋実習がセットになっており、短い旅程の中でも楽しみながら安心してライセンス取得が実現できる。

約5時間の学科と試験に、海でのダイビング体験が4回も含まれており、充実した2日間となること間違いなし。熟練したインストラクターの指導の下、初歩的なダイビング知識と実地をしっかりと身に付けることができる。海洋訓練で訪れる海も透明度の高い美しい浅瀬で、ウミガメや熱帯魚との出会いが待っている。ランチ付きなのも嬉しいポイントだ。


催行するのは先にもご紹介した1991年創業の老舗で、日本人スタッフがインストラクターを務め指導を行ってくれるのでコミュニケーション面の不安もない。講習は懇切丁寧で、初心者でも安心して取り組むことができると評判だ。ライセンス取得の暁には水深18メートルまで潜ることが可能になるので、これまでに体験したことのない新しい世界が待っているだろう。
■料金:$700.00-
■送迎:あり
■所要時間(送迎含む):2日
■開催曜日:毎日

ファンダイビング ブラックロックなど人気ポイント厳選

光と陰が踊る美しい水底の世界を堪能

マウイ島の中でも随一の人気を誇る「ブラックロック」、数十年前に水底に沈んだままの桟橋が見られる「マラランプ」、美しい珊瑚が見られ浅瀬でも魚の多い「オールドエアポートビーチ」など見応え満点のスポットが揃う「カアナパリエリア」でのダイビングツアー

「カアナパリエリア」は白い砂地に太陽の光がきらきらと反射する絶景が楽しめる。メインポイントの「ブラックロック」はほぼ垂直な崖が海底に向けて切り立っており、光と影のコントラストが美しい。透明度が抜群の海中で、アオウミガメや熱帯魚、時には小型のサメやマダラトビエイと遭遇することも。

ツアーは全てプライベートチャーターで催行されるため、他のお客さんに気兼ねすることなく、仲間内だけで贅沢に楽しむことができるのも嬉しいポイント。催行会社は1991年創業で、「安全に楽しく」を第一のモットーとして熟練した日本人インストラクターによるアクティビティを提供している。万全のバックアップ体制でマウイの海を堪能できるおすすめツアーだ。

■料金:$130.00-
■送迎:あり
■所要時間(送迎含む):2.5-7.5時間
■開催曜日:毎日

ハワイ島でお勧めのダイビングプラン2選(目次)

ハワイ島の海は、溶岩で形成された海岸線からすぐドロップオフとなり、綺麗なブルーの色、そしてその透明度が特徴である。ダイビングポイントは島の周りに40以上を超え、アーチ、ケーブ、ウォールなどの地形ポイントもあり、また、野生のハシナガイルカが、一年中ハワイ島の周りを棲み家としている。12月-3月の冬の間は、ザトウクジラもやってくる。さらに、ハワイ島ではホテルの光に誘われてプランクトンを食べに集まったマンタを見る、ナイトマンタダイビングをすることができる。

ハワイ島は年間を通して海が穏やかで、1年中がベストシーズンと言えるので、アメリカ本土のダイバーの隠れた穴場として人気がある。透明度も平均約30メートルと落ち着いており、ボートでの移動時間も約10分から15分と短い。写真撮影をするのにもお勧めである。

  • カイルアコナの青い海を探検!気軽に楽しむスヌーバダイビング

    スヌーバダイビングは、シュノーケリングとスキューバーダイビングをかけあわせたもので、ライセンス不要で手軽に楽しめる!最高7.6メートルの熱帯魚が群れ泳ぐ海底まで探検することができる。
    ・料金:$92.71
    ・送迎:なし
    ・所要時間(送迎含む):2時間
    ・開催曜日:毎日
  • 青い海を体験!気軽に楽しむスヌーバダイビング

    ボートで絶好ポイントまで行ってスヌーバダイビングを楽しもう!初めてでも簡単に海底散歩が体験できるとスヌーバダイビングは人気上昇中だ。気軽にハワイの海を楽しもう。
    ・料金:$155.39-
    ・送迎:なし
    ・所要時間(送迎含む):4時間
    ・開催曜日:毎日

※ツアーの諸条件は変更になる場合があり、本サイトの情報はその内容を保証するものではありません。

人気記事

WiFiを現地で使用して徹底比較!
【6ヶ国で実際に比較!】本当にオススメの海外WiFiレンタルはこれ!
ハワイのホテル
【ハワイのホテル】避けるべき危険地区の解説・お勧めホテル紹介
飛行機で安眠できる最強睡眠グッズを旅のプロが厳選