ハワイ島のバスの料金、乗り方 、路線図、注意点

ハワイ島のバス

2017/10/13 更新

hawaii-bus

データガイド

概要

オアフ島と違い公共交通機関が発達していないハワイ島ではレンタカーやタクシー、観光ツアーの利用が一般的だが、路線バスや西海岸一部リゾート内の巡回シャトルバスを合わせて利用すればリーズナブルに移動することも可能。

Hele-On Bus(へレオンバス)

格安の一律料金が魅力の公共交通機関だが、乗り慣れていないと地元の人でも分かりにくく、旅行者が利用するのは簡単ではない。1日1本からと本数も少なく、日曜運休の路線もあるので、時刻表をよく確認してから利用しよう。

Hele-On Bus 公式HP(英語)
※ブラウザの第一言語を英語に設定すると閲覧可。

路線図URL(英語)

路線

各市内を巡る路線のほか、東海岸のヒロ(Hilo)とハワイ火山国立公園(Hawaii Volcanoes National Park)や西海岸のコナを結ぶ路線もあり。

ルートマップ/時刻表(英語)
火山-ヒロ路線
コナ-ヒロ路線
※両路線とも日曜運休

チケット

■片道一般運賃(Basic One-Way):$2
・4歳以下の子供1人無料で同乗可
・無料で1回乗り換え可

■片道割引運賃(Discount One-Way):$1
・5歳-学生(ハワイの学生証提示)、60歳以上(身分証明書提示)
・4歳以下の子供1人無料で同乗可
・無料で1回乗り換え可

■荷物:1個につき$1
・25×40センチメートルより大きな荷物

※ハワイ火山国立公園で降車する場合、運賃とは別に1人$8の入園料(7日間有効)をドライバーが収集。

バスの乗り方

①停留所の確認
・停留所は青と白の「Hele-On Bus StopまたはBus Stop」のサインか、赤と白の「Bus Stop」サイン、または黒の屋根付きの待合所がある所(停留所以外でも安全に停車できる所なら停まってもらえる)。
・停留所/ルート番号、時刻表などの表示はなし。
・運賃は前払いでおつりは出ないので、予め$1紙幣や硬貨を用意しておこう。

②乗車の意思表示
手を挙げてドライバーに合図。

③前から乗車
現金で運賃を支払う。乗り換えが必要な場合は、この時にトランスファーをもらう。

バスの降り方

①停留所の確認
土地勘がないと分かりにくいため、目的地で声をかけてもらえるよう乗車時にドライバーに頼んでおこう。

②窓側のコードを引いて降車の合図

③前のドアから降車

乗り換え

片道現金払いの場合、無料で1回乗り換え可能なチケット「トランスファー/Transfer」をもらうことができる。2時間有効。往復や逆方向への乗り換えには利用不可。

①最初の乗車
運賃支払い時にドライバーにトランスファーをもらう。

②1回目の乗り換え
ドライバーがトランスファーを回収。

(③2回目の乗り換え)
再度運賃(+荷物代)を払う。

その他注意点

・荷物は座席の下か膝の上などにのせ、通路には置かない。
・ベビーカーは折りたたんで乗車。
・車内での飲食/喫煙禁止。
・携帯電話はマナーモードに設定し、通話はしない。
・音楽プレーヤーや音の出るゲームはイヤホンを使用。
・走行中はドライバーに話しかけない。

Keauhou Resort Trolley(ケアウホウ・リゾート・トロリー)

路線

シェラトン・コナ・リゾート&スパ-カイルア・コナ(Kailua-Kona)間を巡回するトロリーバス
・ショッピングセンターやビーチパーク、ゴルフコースなどに停車
・シェラトンからカイルア・コナのダウンタウンまで40分ほど
・毎日6本(9:00-20:00)の運行

チケット

・1回乗車:$2(シェラトン宿泊者はカードキー提示で無料)
・大きな荷物(スーツケースや自転車など)は持ち込み不可。

■シェラトン・コナ・リゾート&スパ公式HP内「ケアウホウ・リゾート・トロリー」(日本語)

その他注意点

・大きな荷物(スーツケースや自転車など)は持ち込み不可。

シェラトン・コナ・リゾート&スパ公式HP内「ケアウホウ・リゾート・トロリー」(日本語)

Waikoloa Shopping Shuttle(ワイコロア・ショッピング・シャトル)

路線

・ワイコロアビーチリゾート内を巡るシャトルバス
キングスショップクイーンズマーケットプレイスワイコロアビーチ・マリオットリゾート&スパヒルトン・ワイコロア・ビレッジに停車
・毎日10:00-22:00、およそ20分おきの運行

チケット

・1回乗車:大人$2、子供(5-12歳)$1

その他注意点

・大きな荷物(スーツケースや自転車など)は持ち込み不可。

キングスショップ公式HP内「Shuttle Service」(英語)

編集部一押しの観光プラン

希望言い放題!ガイド付き貸切車で思い通りの旅を実現

  • 車を貸切チャーターすれば、遠方まで足を伸ばしてピクニックも可能

    ハワイ島 貸切チャーター(6名様まで)3時間から気軽に手配可能!

    思い通りの観光をするなら、やはり車で移動したいところ。このプランなら3時間から利用でき、日本語ガイド付きで思い通りのプランを組み立ててくれる。貸切で運転もお任せ、自分たちのペースで楽しめ、穴場を教えてくれるのもうれしい。

    ➡ 詳細はこちら

  • ➡ その他のハワイ島現地ツアーはこちら

    旅のプロ直伝 バス利用のポイント

    執筆者の旅工房コンシェルジュ、川崎 莉沙子さん
    旅工房トラベル・コンシェルジュ
    ハワイ担当
    川崎 莉沙子
    提携パートナー
    ハワイ島は公共交通機関が発達していないため、レンタカーの利用がお勧めですが、車の運転に不慣れな方や、ちょっとした時間でショッピングを楽しみたい方は、トロリーやシャトルバスのご利用もよいでしょう。特にケアウホウ・リゾート・トロリーは、コナ地区の海岸沿いも走るので、車窓からの景色もお楽しみいただけます。ただ、本数が少ないため事前に時刻表を確認することをお勧めします。また、時刻表通りにバスが来ないこともありますが、それもまたハワイらしさと思って気ままに待ちましょう。

    どんなハワイ旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「7万円以内でハワイ旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました。➡詳しくはこちら

    ハワイ旅行者の必読記事

    ハワイの危険地区と観光拠点に最適な地区を徹底解説!自分の予約するホテルが安全な場所にあるか確認しておこう。Check!

    海外旅行保険って必要?保険加入者のうち、実際に使った人の割合や補償内容を解説!無駄を省こう。Check!

    マイルの貯め方&使い方を初歩から説明!難しそうだからと貯めてこなかった方、必見のお得すぎる情報満載。Check!

    海外旅行×クレジットカードの疑問をQ&A方式で解説!両替所よりお得?JCBって使える?ラウンジ利用方法は?などなど。Check!

    (Photo by Hawaii County)

    人気記事

    ハワイのホテル
    海外旅行用クレジットカード
    マイルを貯めて飛行機に乗る
    海外旅行に必要なパスポートとお金
    wifiレンタル

    スポンサーリンク