シカゴ旅行のおすすめ観光スポット5選!

sightseeing in chicago

2017/10/10 更新

アメリカ合衆国、五大湖のひとつであるミシガン湖に面するイリノイ州の都市、シカゴ。200メートルを超える摩天楼がそびえるシカゴは、ニューヨーク、ロサンゼルスに次ぐ大都市だ。金融、鉄道、航空産業で発展し、シカゴの玄関口であるシカゴ・オヘア空港は、国内有数の過密空港として知られている。また、芸術とエンターテイメントの街としても知られており、数多くの美術館や博物館、シアターなどが点在している。シカゴを訪れるなら外せない人気の観光名所を紹介する。

ブロードウェイ・イン・シカゴ

  • sightseeing in chicago
    エンターテイメントの街として知られるシカゴ。街中には200を超えるいシアターがあり、即興の劇からバレエ、ミュージカルなど様々なジャンルのエンターテイメントを堪能することができる。中でも、ブロードウェイ・イン・シカゴは5つのシアターを有し、シカゴが舞台になったミュージカル「シカゴ」をはじめとするロングランミュージカルや、最新のミュージカルまで数多くの公演を行っている。また毎週土曜日にはシアターツアーも開催しており、普段覗くことができないシアター内部を見学することができる。

  • ジョン・ハンコック・センター

  • sightseeing in chicago
    地上457メートル。高層ビル群がそびえるシカゴで第4位の高さを誇るジョン・ハンコック・センター、通称ビッグ・ジョン。ミシガン湖畔という絶好のロケーションに建つビルの94階には、シカゴの街並みを一望できる展望台「360シカゴ」がある。ガラス張りの展望台からはシカゴのダウンタウン、ミシガン湖、隣接する4つの州を含む約128キロメートル先までの眺望を満喫できる。シカゴの摩天楼を望む夜景も美しく、ビル内にあるカフェやレストランで贅沢な時間を過ごすこともできる。

  • ミュージアム・キャンパス

  • sightseeing in chicago
    ミシガン湖畔に広がる公園グラント・パークに位置するミュージアム・キャンパス」には、ティラノサウルス・レックスの骨格が展示されている「フィールド自然史博物館」、全米最大級の水族館「シェッド水族館」宇宙の創生から現在までのバーチャル体験ができる「アドラー・プラネタリウム天文学博物館」の3つのミュージアムが揃う。特に、「アドラー・プラネタリスム天文学博物館」は、シカゴのスカイラインを一望できる人気の場所だ。

  • シカゴ美術館

  • sightseeing in chicago
    シカゴのダウンタウンに位置する、シカゴ美術館。30万点を越す全米でも有数の美術品を収蔵し、年間170万人以上が訪れる。「メトロポリタン美術館」「ボストン美術館」とともに全米の三大美術館と言われている。常設展示のほか、年に数回の特別展示が開催される。代表的な作品に、ゴッホの「自画像」、レンブラントの「金の首飾りの男」、エル・グレコの「聖母被昇天」、クロード・モネの「睡蓮」があり、古代から現代までの幅広い作品を見ることができる。

  • ミレニアム・パーク

  • sightseeing in chicago
    シカゴの摩天楼の中心地に位置するミレニアム・パーク。ユニークなアート作品や建築物、コンサートホール、美しい庭園などがある、公共のアトラクション的存在の公園だ。ダウンタウンの中心地にありながら、広大な規模を誇り、そびえる高層ビル群とミシガン湖の両方を眺めることができる、シカゴの代表的な観光スポットだ。中でも、「雲の門」と呼ばれる巨大な彫刻は、ミレニアム・パークのシンボルとして多くの人を魅了している。

  • 人気記事

    海外での防犯対策グッズ
    HowTravelおすすめのスーツケースブランド