セビリアの気候と時差、適切な服装と気温と降水量

セビリアの気候と時差、適切な服装

2017/05/05 更新

climate_image
データガイド
プラン相談

データガイド

ポイント

seville climate

気候

セビリアは地中海気候の都市で、夏が非常に暑い。
気温は40度近くまで上昇することがあることに加え、日差しも強いので、日焼け対策をしていきたい。
湿度は低いので、日陰に入れば涼しさを感じられるだろう。
夏場の日中は室内で過ごす人が多い。

12月に雨期がやってきて、雨が多く降るので、雨具を用意していこう。

時差

スペインは中央ヨーロッパ時間(CET)に属しており、日本との時差は-8時間。
つまり、日本が正午の時はスペインでは午前4:00となる。

ただし、サマータイム期間は時差が-7時間になるため注意が必要だ。
サマータイム適用期間は、3月の最終日曜午前2:00から10月の最終日曜午前3:00まで。

適切な服装

  • summer

    夏の服装

    地中海気候でとても温暖な地域であるセビリアでは、気温が40度近くまで上がることもあるため日焼け対策、肌着の着替えなどが必須。日差しがとても強く眩しい上に目にもこたえるので、サングラスもしくは帽子を必ず持参したいところ。しかし、空気が乾いているので、 日陰に入ってしまえば涼しく過ごし易い。熱中症対策として、ペットボトルの水や塩飴など持っていくようにしよう。夜は少し肌寒くなるので、カーディガンなどの羽織れる物が一枚あったほうが良い。

  • winter

    冬の服装

    冬のセビリア旅行は日本と比べて温かいが、観光する際に外を歩く事になると思うので、脱ぎ着しやすく重ね着できるスタイルが良い。最低気温が0度を下回る事はない。現地人はダウンジャケットなどのラフな服装が多い。靴については、石やレンガでできた凸凹道が多いセビリアでは、細長いヒールではうまく歩けないので、スニーカーや、かかとのしっかりしたブーツを着用しよう。また、12月には雨期がやってきて雨が多く降るので、雨具は必須だ。

  • 編集部一押しの観光プラン

    白い街・カサレスへのアクセス抜群!

  • セビリアのお勧めツアー

    アンダルシア地方 ロンダ、カサレス、ミハス1日観光ツアー

    ロンダ、カサレス、ミハスの街を貸切車で巡る。「白い街」のひとつとして有名なカサレスは個人のアクセスがやや難しいスポット。効率的な散策にもってこいのプランだ。宿泊ホテル直接送迎もポイントだ。
    ➡ 詳細はこちら
  • セビリア旅行者の必読記事

    プラン相談

    どんなセビリア旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「10万円以内でセビリア旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    海外での防犯対策グッズ
    HowTravelおすすめのスーツケースブランド