セビリアのバスの料金、乗り方 、路線図、注意点

セビリアのバス

2017/05/05 更新

データガイド

プラン相談

路線説明

セビリアを走行するバスは、TUSSAMが運営しており、平日は約30分間隔で走行している。
空港まではサンタ・フスタ駅を経由して、約30分で到着する。

セビリアのバスターミナルは、市内に2か所ありマドリード・カセレス、リスボンや南ポルトガルなどからのバスも発着する。
セビリアのバスは、多くの地元の人々や観光客にとって、欠かせない移動手段のひとつとなっている。

バスの乗車券は、1回券からSuicaやPASMOのようにカードにチャージをして利用する、「ストライプカード」と呼ばれるICカードもある。
ストライプカードは、1回分の料金が割安なため、お得なカードである。
そのほか、有効期限内であれば乗り放題の乗車券もある。

路線図HP
http://static.donquijote.org/images/travel/maps/spain/bus-sevilla.jpg

乗車券の種類

乗車券の種類と料金

■1回券
1回分の乗車券。€1.4。

■ストライプカード
SuicaやPASMOのような機能のICカード。
購入時にデポジットとして€2必要。
チャージは€50まで可能。
バス1回分の料金が€0.79のため、かなり割安である。

■ツーリストカード:
1日乗車券、3日乗車券がある。
有効期限内であれば、乗り放題。
1日乗車券は€5.0、3日乗車券は€10.0。

乗車券の購入方法

■TUSAMMのインフォメーション
空港
■サンジュスタ駅
■市内のホテル

バスの乗り方


乗車券を購入したら、いよいよ乗車だ。
目的地へ向かうバス停を探し、バスの到着を待つ。
バスターミナルであればわかりやすいが、バス停の場合バス停と書かれた看板もない場合があり、わかりづらい駅もある。
事前に地図などで、場所を確認しておいたほうがよいだろう。

バスが到着したら、目的地に向かうバスか、番号と行き先を確認して乗車する。
スーツケースなどの大きな荷物は、バスのトランクに入れる。

バスの降り方

目的地に到着したらバスを降りる。
荷物をトランクに入れている場合は、忘れずに受け取る。
荷物を受け取る際は、運転手にチップをあげるのが好ましいだろう。

セビリアのバスは、観光客が多く利用するバスであり、場所によっては乗車券の購入に列ができるほどである。
並んで待っていてもいざ購入する順番になると、満席ということもある。
購入時には時間に余裕を持って、早目に購入することをおすすめする。

その他注意点


バスに乗車する際は、スリに注意しなければならない。
観光客を狙ったスリがバス車内でも多発している。
特に、日本人はお金をもっていると思われているため、狙われやすい。
大きな荷物はなるべく持たずに、できるだけ荷物は最小限にするか、手ぶらで乗るのが望ましい。
車内が混んでいるときは、ほかの人と密着しやすく、死角にもなりやすいため要注意だ。
鞄はからだの前でしっかり抱きかかえるように持ち、ファスナーやふたを開けられないように気をつける。
また、夜遅くの乗車は危ないため、避けた方がよいだろう。

編集部一押しの観光プラン

白い街・カサレスへのアクセス抜群!

  • セビリアのお勧めツアー

    アンダルシア地方 ロンダ、カサレス、ミハス1日観光ツアー

    ロンダ、カサレス、ミハスの街を貸切車で巡る。「白い街」のひとつとして有名なカサレスは個人のアクセスがやや難しいスポット。効率的な散策にもってこいのプランだ。宿泊ホテル直接送迎もポイントだ。
    ➡ 詳細はこちら
  • セビリア旅行者の必読記事

    海外旅行保険って必要?保険加入者のうち、実際に使った人の割合や補償内容を解説!無駄を省こう。Check!
    マイルの貯め方&使い方を初歩から説明!難しそうだからと貯めてこなかった方、必見のお得すぎる情報満載。Check!
    海外旅行×クレジットカードの疑問をQ&A方式で解説!両替所よりお得?JCBって使える?ラウンジ利用方法は?などなど。Check!
    (Photo by Sandra Vallaure)

    人気記事

    海外旅行用クレジットカード
    マイルを貯めて飛行機に乗る
    wifiレンタル
    海外旅行に必要なパスポートとお金
    HowTravelおすすめのスーツケースブランド

    スポンサーリンク