グラナダのバスの料金、乗り方 、路線図、注意点

グラナダのバス

2017/05/05 更新

bus
データガイド
プラン相談

データガイド

路線説明

グラナダ市内を走るバスは、環境を配慮し2014年から運行する路線が変わった。
以前は市内の便利な交通手段として、多くの路線が走行していたが、現在は主に「LAC」と呼ばれる大型バスが市内を循環している。

アルハンブラ宮殿アルバイシン地区へは、丘の上にあるのでバスを利用すると便利だ。
この2区間を走行しているミニバスは、市バスと共通の乗車券が使用可能である。

LACの乗車券は、1回券から購入でき、60分以内であれば乗換えが無料である。
また、何度かバスを利用する予定であるなら、SuicaやPASMOのように、チャージして利用できる「CREDIBUS」というパスがお得である。

路線図HP
http://www.lovegranada.com/images/transport/city/lac-bus-map.png

乗車券の種類

乗車券の種類と料金

グラナダを走るバスには、LACと市バスがあるが、乗車券は共通となる。
■乗車券の種類と料金
■1回券
1回分の乗車券。
60分以内であれば乗換えが無料。€1.2。
■CREDIBUS
ICカード。
購入時にデポジットとして€2必要。
チャージは€5、€10、€20が可能。
バス1回分の料金が€0.79のため、かなり割安である。

乗車券の購入方法

■LACはバス停に設置の自動券売機
■市バスは自動券売機または、車内で運転手から購入可能

バスの乗り方

gra_bus_01

LACと市バスでは、乗車方法が少し異なる。
LACに乗車する際は、バス停に設置してある自動券売機で乗車券を購入したら、同時に機械の右下に乗車券を差し込み、日時を刻印する。

市バスの場合は、車内にあるカードリーダーに乗車券をかざす。
また、市バスの乗車券は運転手から直接購入が可能だ。

バスに乗車するときは、LACの場合2連バスのため、4か所あるドアのどこから乗ってもよい。
一方、市バスは前のドアから乗車しなければならない。

バスの降り方

目的地に到着したら、降りる準備をしてドアへ向かう。
LACの場合はどのドアからでも下車が可能だが、市バスは降りるときは後ろのドアから降りる。

スーツケースなど大きな荷物をバスのトランクに入れている場合は、忘れないように受け取る。

違う路線に乗り換えをするなら、60分以内であれば無料で乗り換えが可能である。
グラナダのバス停は、交通標識のような物しか立っていない駅もあり、わかりづらい。
事前に地図などで調べておくとことをお勧めする。

その他注意点


スペインは失業率も高く、場所によっては治安も悪い。
バスに乗車するときも、観光客はターゲットになりやすいため、十分に
気を付けなければならない。
特に大きな荷物は車内に持ち込まないようにし、財布などの貴重品が入ったバックは肩からかけて、からだの前に抱えるようにして持つとよい。
ファスナーやふたは開けられないように鍵を付けておく。
財布はチェーン付のものをバックとつないでおくなど、十分な対策を取っておくことをおすすめする。
立っていると狙われやすいため、座席が空いているときは座ったほうが安全である。

編集部一押しの観光プラン

洞窟タブラオで大迫力のフラメンコショーを観る

  • グラナダのお勧めツアー

    グラナダ洞窟フラメンコ・ショー

    フラメンコ発祥の地とも言われるグラナダ。世界遺産サクロモンテ地区にある洞窟型のタブラオで、情熱の舞台を観賞しよう。演者と観客席の距離は非常に近く、手を伸ばせば届きそうな位置で大迫力のダンスを見ることができる。

    ➡ 詳細はこちら

  • グラナダ旅行者の必読記事

    (Photo by Faber Andrew Nash)

    プラン相談

    どんなグラナダ旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「10万円以内でグラナダ旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    海外での防犯対策グッズ
    HowTravelおすすめのスーツケースブランド