マヘレの跳ね橋の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

マヘレの跳ね橋
De Magere Brug

2017/05/05 更新

基本情報

住所

MagereBrug, Amsterdam
トラム4番Keizersgracht駅下車徒歩4分

料金

無料

営業時間

24時間

休業日

年中無休

HP

-

De Magere Brug
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

美しいイルミネーションにも注目の跳ね橋

De Magere Brug

オランダ語で、Magereは「細い」、Brugは「橋」を意味する。
現在の跳ね橋ができる以前からここには橋が架けられていた。
当時の橋は大変細かったことからこの名が付き、現在も受け継がれているという。
ゴッホの作品「アルルのハネ橋」は、故郷のこの橋を懐かしんで制作されたと言われている。

この木製の跳ね橋は、現在も不定期に開閉して船の往来を助けている。
開く前には通行止めにするために警報ブザーが鳴って遮断機が下りるので、開く様子を見たい場合はしばらく待ってみると良いだろう。
1994年までは人力によって開閉作業が行われていたというから驚きだ。
現在は機械式の制御システムが作動している。

夜になると1800を超えるイルミネーションが灯り、その光が水面に反射して幻想的な美しさを見せる。

編集部一押しの観光プラン

風車が立ち並ぶオランダらしい風景を巡る

アムステルダム旅行者の必読記事

アクセス・入場

マヘレの跳ね橋へのアクセス


MagereBrug, Amsterdam
トラム4番Keizersgracht駅下車徒歩4分

プラン相談

どんなアムステルダム旅行がしたいのか相談してみよう

「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
「最高のサプライズがしたい」
「10万円以内でオランダ旅行をしたい」
123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
➡詳しくはこちら

人気記事

ドゥルーロップ アムステルダムの概案
海外での防犯対策グッズ