ベネチアの建築物人気ランキング

建築物

34件

Santa Maria Gloriosa dei Frari

サンタ・マリア・グロリオーザ・デイ・フラーリ教会

ベネチア絵画を楽しむことができるゴシック式教会

サンタ・マリア・グロリオーザ・デイ・フラーリ教会は、14世紀-15世紀に建築されたゴシック様式の教会である。 ベネチアには珍しいレンガ造りの建物で、大きさもあるのですぐにわかるだろう。

Basilica di Santa Maria Assunta

サンタ・マリア・アッスンタ聖堂

多数のモザイク画がある、ベネチア最古の教会

ベネチアのトルチェッロ島にあるサンタ・マリア・アッスンタ聖堂は、ベネチアの中でも最古の教会である。 639年に建てられ、9世紀と11世紀の2度にわたってに改築が行われた。 現在のビザンチン様式の教会の姿は、11世紀の改築によるものである。

chiesa-di-santa-maria-dei-miracoli

サンタ・マリア・デイ・ミラーコリ教会

ベネチアのカンナレージョ地区にあるサンタ・マリア・デイ・ミラーコリ教会は、1481年にピエトロ・ロンバルドの設計によって建造が開始され、1489年に完成したルネサンス様式の教会である。 このサンタ・マリア・デイ・ミラーコリ教会は、「宝石箱のような教会」と呼ばれている。

Ca Foscari

カ・フォスカリ

さまざまな顔を持つ建物

ベネチアのカ・フォスカリはカナル・グランデの傍に建っている、ゴシック様式の建物である。 カ・フォスカリが出来る以前、この場所には「2つの塔の建物」と呼ばれる建物があったが、ベネチアのドージェ(元首)だったフランチェスコ・フォスカリによって購入/解体されて新たに建設されたのが「カ・フォスカリ」であった。

Scala Contarini del Bovolo

コンタリーニ・デル・ボーヴォロ階段

カタツムリに見える螺旋階段

ベネチアのマニン広場から路地裏に入っていくと、独特の雰囲気を持っている建物であるコンタリーニ家の邸宅が見つかることだろう。 15世紀にピエトロ・コンタリーニによって、その邸宅に取り付けられている螺旋階段がコンタリーニ・デル・ボーヴォロ階段と呼ばれている。

Chiesa di San Zaccaria

サン・ザッカリア教会

ルネサンス様式とゴシック様式が融合した教会

ベネチアのサン・ザッカリア地区にあるサン・ザッカリア教会は、9世紀に建造された教会。 この時はロマネスク様式での建築だったが、15世紀にゴシック様式とルネサンス様式が混在した今現在のサン・ザッカリア教会の姿へと改築された。 この二つの建築様式が混在しているのは、マウロ・ゴドゥッシとアントニオ・ガンベロがそれぞれ異なった建築様式の手法を用いたからである。

Chiesa di San Salvador

サン・サルヴァドール教会

『キリストの変容』や『受胎告知』などのティツィアーノ作品

ベネチアのサン・サルヴァドール教会は、7世紀に創建されたとされる、サン・マルコ地区リアルト橋の近くにあるルネサンス様式の教会である。 現在のファサードはジュゼッペ・サルティという人物が設計を行い、1663年に完成した。

Chiesa di San Giacomo di Rialto

サン・ジャコモ・リアルト教会

大きな時計があるベネチア最古の教会

ベネチアのサン・ポーロ地区にあるサン・ジャコモ・リアルト教会は、12世紀に建てられたベネチアにおいて最古の教会だ。 このサン・ジャコモ・リアルト教会は、ゴシック様式の教会であり、ファサード(建物正面)に大きな時計と3つの鐘がある特徴的な外観をしている。

Chiesa di San Giovanni Crisostomo

サン・ジョヴァンニ・クリソストモ教会

完成に4世紀かかった教会

ベネチアのサン・ジョヴァンニ・クリソストーモ教会はカンナレージョ地区に存在する教会である。 このサン・ジョヴァンニ・クリソストーモ教会は、11世紀に建設作業が開始されたが、度重なる改築や設計者であったマウロ・コドゥッシの死去(1504年)などの影響もあり、完成に至ったのは16世紀に入ってからである。

Chiesa di San Stae

サン・スタエ教会

ベネチア芸術文化をここで楽しむ

ベネチア本島の中心部に存在するサン・スタエ教会は、大運河であるグランド・カナルに面しており、白を基調とした美しい建物である。 このサン・スタエ教会は、1709年に主にベネチアで活動していたドメニコ・ロッシ(1657- 1737)という人物によって設計された。

1 2 3 4