トッレ・アンヌンツィアータの観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

トッレ・アンヌンツィアータ
Torre Annunziata 

2017/05/05 更新

基本情報

住所

Via Sepolcri 80058 Torre Annunziata ナポリ中央駅から455線トッレ・アンヌンツィアータ方面行きのバスに乗って約2時間。

料金

-

営業時間

-

休業日

-

HP

Torre Annunziata 
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

ヴェスヴィオ火山によって消えた街の、美しき再興


トッレ・アンヌンツィアータは、ナポリ市街地からバスでおよそ2時間ほど揺られた場所にある。
ナポリの息吹がかなり薄くなり、少し片田舎の風景も混じり始めるトッレ・アンヌンツィアータは、ポンペイやエルコラーノと共に、火山灰に埋もれて消えた街ということで知られている。

何かと遺跡ばかりが着目されがちなヴェスヴィオ火山周辺の街だが、トッレ・アンヌンツィアータの場合は、地中海に面した街並みの景観の美しさも特筆に値する。
マリーナやフェリー乗り場から少し沖合に出てトッレ・アンヌンツィアータの街並みを海から眺めると、まるで絵画から飛び出してきたかのような、色とりどりの建造物群がとても印象的に感じられる。
トッレ・アンヌンツィアータは、一度消えた街が、人々の力によって再度景観都市としてよみがえった例なのだ。

見どころ

オプロンティス荘遺跡に残る壁画は、想像を超える芸術


トッレ・アンヌンツィアータのヴェスヴィオ火山に関する遺跡としては、オプロンティス荘遺跡が最も有名である。
火山灰の堆積によって当時から原型をほとんど変えずに現代へと「タイムスリップ」したオプロンティス荘遺跡は、2000年前の人々の息吹を私たちにありありと伝えている。

オプロンティス荘の居間には、2000年以上前に描かれた壁画がそのままの状態で保存されている。
この壁画は草花を描いたものがメインとなっており、火山噴火以前には更に鮮やかで芸術的であったであろうことを偲ばせている。

オプロンティス荘遺跡は1軒だけであるにもかかわらず、保存状態の良い建造物、そして壁画などから、ローマ時代の人々の贅沢で、かつ非常に充実した市民生活の様子を思い起こさせるものとなっているのだ。

編集部一押しの観光プラン

青の洞窟が見たいならこれ!カプリ島を満喫する1日

  • ナポリのお勧めツアー

    定番スポット青の洞窟へ!カプリ島日帰り観光ツアー

    神秘的な青の洞窟を観賞する、カプリ島日帰り観光プラン。日本語ガイド同行でナポリ島からのアクセスもスムーズ。定番スポット散策や見晴らしの良いレストランでの地方料理のランチなど、混雑必至のカプリ島も安心して楽しめる。

    ➡ 詳細はこちら

  • ナポリ旅行者の必読記事

    (Photo by nico283 Checiàp Chuca Cimas)

    アクセス・入場

    トッレ・アンヌンツィアータへのアクセス


    Via Sepolcri 80058 Torre Annunziata ナポリ中央駅から455線トッレ・アンヌンツィアータ方面行きのバスに乗って約2時間。

    プラン相談

    どんなナポリ旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「10万円以内でナポリ旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    海外での防犯対策グッズ
    HowTravelおすすめのスーツケースブランド