プッブリチ公園の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

プッブリチ公園
Giardini Pubblici Indro Montanelli

2017/05/05 更新

Giardini Pubblici Indro Montanelli

データガイド

アクセス・入場

概要

ミラノ最古の公園

ミラノ市民の憩いの場プッブリチ公園。
以前は公共庭園、ポルタ・ベネチア公共庭園と呼ばれていたが、2002年からイタリアを代表するジャーナリストのインドロ・モンタネッリにちなんで、インドロ・モンタネッリ公共庭園と改名された。
1784年にミラノで最初に開設された最古の公園である。
開設以来拡大が続き、現在の広さは172,000平方メートルで、フランス式庭園とイギリス式庭園モデル両方の影響を受けている。

芝生、トイレ、池、噴水、ベンチ、ドッグエリア、ハイキングコースの他、敷地内に自然博物館とプラネタリウムの施設もある。
王宮や市立近代美術館等名所に囲まれた贅沢な緑の空間だ。
朝のジョギング、犬の散歩、ピクニックなど市民の憩いの場として親しまれている。

見どころ

ミラノ・プラネタリウム

庭園内の東端にイタリア最大のプラネタリウムがある。
ピエロ・ポルポルッピによる1930年に創立の八角形を基本とした直径19.6メートルの建物がミラノ・プラネタリウムだ。
内部は300席を収容し、年間100,000人の人が訪れる人気スポットだ。
ドームのスクリーンには1930年代のミラノのスカイラインが描かれている。

€5で45分のプログラムに参加できる。18歳以下65歳以上は€3。
公園でのんびりしたあと、ふらっと立ち寄ってみたい場所だ。

どんなミラノ旅行がしたいのか相談してみよう

「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
「最高のサプライズがしたい」
「10万円以内でミラノ旅行をしたい」
123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました。➡詳しくはこちら

ミラノ旅行者の必読記事

海外旅行保険って必要?保険加入者のうち、実際に使った人の割合や補償内容を解説!無駄を省こう。Check!

マイルの貯め方&使い方を初歩から説明!難しそうだからと貯めてこなかった方、必見のお得すぎる情報満載。Check!

海外旅行×クレジットカードの疑問をQ&A方式で解説!両替所よりお得?JCBって使える?ラウンジ利用方法は?などなど。Check!

(Photo by Stefano1111)

人気記事

海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
wifiレンタル
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク