プッブリチ公園の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

プッブリチ公園
Giardini Pubblici Indro Montanelli

2017/05/05 更新

基本情報

住所

Bastioni di Porta Venezia 20121 Milano
メトロ1号線Palestro駅から徒歩2分

料金

無料

営業時間

6:30-

休業日

年中無休

HP

-

データガイド
アクセス・入場
データガイド

概要

ミラノ最古の公園

ミラノ市民の憩いの場プッブリチ公園。
以前は公共庭園、ポルタ・ベネチア公共庭園と呼ばれていたが、2002年からイタリアを代表するジャーナリストのインドロ・モンタネッリにちなんで、インドロ・モンタネッリ公共庭園と改名された。
1784年にミラノで最初に開設された最古の公園である。
開設以来拡大が続き、現在の広さは172,000平方メートルで、フランス式庭園とイギリス式庭園モデル両方の影響を受けている。

芝生、トイレ、池、噴水、ベンチ、ドッグエリア、ハイキングコースの他、敷地内に自然博物館とプラネタリウムの施設もある。
王宮や市立近代美術館等名所に囲まれた贅沢な緑の空間だ。
朝のジョギング、犬の散歩、ピクニックなど市民の憩いの場として親しまれている。

見どころ

ミラノ・プラネタリウム

庭園内の東端にイタリア最大のプラネタリウムがある。
ピエロ・ポルポルッピによる1930年に創立の八角形を基本とした直径19.6メートルの建物がミラノ・プラネタリウムだ。
内部は300席を収容し、年間100,000人の人が訪れる人気スポットだ。
ドームのスクリーンには1930年代のミラノのスカイラインが描かれている。

€5で45分のプログラムに参加できる。18歳以下65歳以上は€3。
公園でのんびりしたあと、ふらっと立ち寄ってみたい場所だ。

編集部一押しの観光プラン

【H.I.S.】主要都市周遊でイタリアを満喫! 弾丸お値打ちツアー

  • ミラノ&フィレンツェ&ローマ7日間 134,000円-

    イタリアを訪れたら足を運んでおきたいミラノ・フィレンツェ・ローマの3都市を巡る4泊6日の周遊ツアー。成田を深夜に発ち、翌日の昼にミラノに到着する。航空券とホテルのみのプランのため、現地では自由に行動できるのが嬉しいポイント。
    ➡ 詳細はこちら
  • ➡ その他のミラノツアーはこちら

    ミラノ旅行者の必読記事

    (Photo by Stefano1111)

    アクセス・入場

    プッブリチ公園へのアクセス


    Bastioni di Porta Venezia 20121 Milano
    メトロ1号線Palestro駅から徒歩2分

    人気記事

    WiFiを現地で使用して徹底比較!
    【6ヶ国で実際に比較!】本当にオススメの海外WiFiレンタルはこれ!
    飛行機で安眠できる最強睡眠グッズを旅のプロが厳選
    海外での防犯対策グッズ
    海外旅行中のあらゆる盗難を防止する究極の防犯グッズ特集