プッブリチ公園の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

プッブリチ公園
Giardini Pubblici Indro Montanelli

2017/05/05 更新

基本情報

住所

Bastioni di Porta Venezia 20121 Milano
メトロ1号線Palestro駅から徒歩2分

料金

無料

営業時間

6:30-

休業日

年中無休

HP

-

Giardini Pubblici Indro Montanelli
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

ミラノ最古の公園

ミラノ市民の憩いの場プッブリチ公園。
以前は公共庭園、ポルタ・ベネチア公共庭園と呼ばれていたが、2002年からイタリアを代表するジャーナリストのインドロ・モンタネッリにちなんで、インドロ・モンタネッリ公共庭園と改名された。
1784年にミラノで最初に開設された最古の公園である。
開設以来拡大が続き、現在の広さは172,000平方メートルで、フランス式庭園とイギリス式庭園モデル両方の影響を受けている。

芝生、トイレ、池、噴水、ベンチ、ドッグエリア、ハイキングコースの他、敷地内に自然博物館とプラネタリウムの施設もある。
王宮や市立近代美術館等名所に囲まれた贅沢な緑の空間だ。
朝のジョギング、犬の散歩、ピクニックなど市民の憩いの場として親しまれている。

見どころ

ミラノ・プラネタリウム

庭園内の東端にイタリア最大のプラネタリウムがある。
ピエロ・ポルポルッピによる1930年に創立の八角形を基本とした直径19.6メートルの建物がミラノ・プラネタリウムだ。
内部は300席を収容し、年間100,000人の人が訪れる人気スポットだ。
ドームのスクリーンには1930年代のミラノのスカイラインが描かれている。

€5で45分のプログラムに参加できる。18歳以下65歳以上は€3。
公園でのんびりしたあと、ふらっと立ち寄ってみたい場所だ。

編集部一押しの観光プラン

最後の晩餐を確実に鑑賞!チケットと日本語ガイド付き

  • Chiesadi Santa Mariadelle Grazie

    最後の晩餐」入場付き!ミラノ半日観光 日本語ガイドツアー

    ドゥオモスカラ座スフォルツェスコ城などミラノの外せないスポットを押さえた、日本語ガイド付き大人気プラン。事前予約必須な「最後の晩餐」を確実に鑑賞できるのが最大のポイント。ミラノ最高の芸術をじっくり味わおう。

    ➡ 詳細はこちら

  • ミラノ旅行者の必読記事

    (Photo by Stefano1111)

    アクセス・入場

    プッブリチ公園へのアクセス


    Bastioni di Porta Venezia 20121 Milano
    メトロ1号線Palestro駅から徒歩2分

    プラン相談

    どんなミラノ旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「10万円以内でミラノ旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    海外での防犯対策グッズ
    HowTravelおすすめのスーツケースブランド