旧マッジョーレ病院の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

旧マッジョーレ病院
Ex-Ospedale Maggiore, Ca Granda

2017/05/05 更新

基本情報

住所

Via Festa del Perdono, 5,20122 Milano
メトロ3号線Missori駅

料金

無料

営業時間

-

休業日

-

HP

-

Ex-Ospedale Maggiore Ca Granda
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

煉瓦造りの学び舎

Ex-Ospedale Maggiore Ca Granda

現在は大学(UniversitàdegliStudi di Milanoミラノ大学)が置かれている壮厳な雰囲気のある煉瓦造りの建物。
もともと医療施設であったため「旧マッジョーレ病院」、そしてその大きさから「カ・グランダ」(CA'Granda大きな家)とも呼ばれる。
1958年からミラノ大学の本部としての使用が始まった。

1456年フランチェスコ・スフォルツァは各地に点在していた医療施設を一つにまとめるために、このマッジョーレ病院を作った。
昔から人口密度が高かったミラノは疫病の蔓延に苦しめられることが多かったため、このような施設が必要とされていた。スフォルツェスコ城を設計した建築家アヴェルリーノによってデザインされた建物は、柱廊と独特に連列する窓が特徴的なゴシックからルネッサンスへ移行する総合建築様式で重要な記念碑となっている。

見どころ

勇気を出して大学に入るなら図書館へ

60,000人を超える学生で賑わう学び舎となった今でも、その外観を人目鑑賞しようと多くの観光客が訪れる。
現在は教育機関であるので、なかなか勇気を出して内部を見学出来ないかもしれない。
それでも、どうしても内部を見学したければ、図書館に向かうことをお勧めする。
授業中の学生を邪魔することなく、あてもなくふらふらするよりも合理的だ。
スファルツァ時代に病院の大部屋として造られた南の十字型施設が大学の図書館となっている。

編集部一押しの観光プラン

最後の晩餐を確実に鑑賞!チケットと日本語ガイド付き

  • Chiesadi Santa Mariadelle Grazie

    最後の晩餐」入場付き!ミラノ半日観光 日本語ガイドツアー

    ドゥオモスカラ座スフォルツェスコ城などミラノの外せないスポットを押さえた、日本語ガイド付き大人気プラン。事前予約必須な「最後の晩餐」を確実に鑑賞できるのが最大のポイント。ミラノ最高の芸術をじっくり味わおう。

    ➡ 詳細はこちら

  • ミラノ旅行者の必読記事

    (Photo by Riccardo Rossi Bernt Rostad)

    アクセス・入場

    旧マッジョーレ病院へのアクセス



    Via Festa del Perdono, 5,20122 Milano
    メトロ3号線Missori駅

    プラン相談

    どんなミラノ旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「10万円以内でミラノ旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    海外での防犯対策グッズ
    HowTravelおすすめのスーツケースブランド