オルサンミケーレ教会の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

オルサンミケーレ教会
Chiesa di Orsanmichele

2017/05/05 更新

基本情報

住所

Via dell'Artedella Lana, 50123 Firenze, Italy
S.M.N.駅(サンタ・マリア・ノヴェッラ駅)から徒歩5分

料金

教会、美術館ともに無料

営業時間

教会は火曜-日曜の10:00-17:00
美術館は月曜の10:00-17:00

休業日

教会は月曜
美術館は火曜-日曜

HP

Chiesa di Orsanmichele

概要

華やかな通りにひっそりとたたずむ歴史ある教会

Chiesa di Orsanmichele

フィレンツェのメインストリート、カルツァイウォーリ通りに面した賑やかなエリアにオルサンミケーレ教会はひっそりと建っている。
教会には珍しい四角い地味な建物は、元々は13世紀末に建てられた穀物倉庫であった。
14世紀に改装されて教会となっている。

かつてここには修道院が建っており、周囲をオルト(畑)に囲まれていた。
その祈祷所が聖ミカエルに捧げる教会となり、畑の中にあるサンミケーレ教会(サン・ミケーレ・イン・オルト)となった。
後にオルサンミケーレ教会となったが、サン・ミケーレ・イン・オルト教会とも呼ばれている。

有名な祭壇が飾られている教会内部は、彫刻や美しいフレスコ画で飾られ、倉庫であった当時の名残も随所にみられる。上階からの眺めも素晴らしい。

フィレンツェの中心部に位置していため、観光のついでに立ち寄る人も多い。レプブリカ広場から徒歩で移動できる。

見どころ

四角い建物を彩る14の守護聖人像

Chiesa di Orsanmichele

この建物が教会に改装されたとき、14の商業組合がそれぞれお金を出し合って、建物の外壁に自分たちの職業の守護聖人像とレリーフを飾った。
ルネッサンスを代表する後の有名な彫刻家たちにも影響を与えたと言われる見事な彫刻の数々は一見に値する。

ドナテッロの作品で、浮彫という遠近法による彫刻の技術を世界で初めて使ったレリーフ「竜を退治する聖ゲオルギウス」が有名。

現在飾られている彫刻はレプリカで、オリジナルは教会の2階に併設されたオルサンミケーレ美術館やバルジェッロ国立美術館などに展示されている。
オリジナルと見比べてみるのも楽しい。

編集部一押しの観光プラン

アクセスし辛いピサの斜塔へ一直線!斜塔への入場も可能

  • フィレンツェのお勧めツアー

    ピサの斜塔 日本語ガイドツアー<斜塔入場プランあり/フィレンツェ発>

    イタリアに来たからにはピサの斜塔の傾き具合をこの目で確かめたいもの。このプランはフィレンツェ出発で、個人ではアクセスしづらいピサもベテラン日本語と楽々満喫できる。斜塔に登るか外から眺めるかも選択可能だ。

    ➡ 詳細はこちら

  • フィレンツェ旅行者の必読記事

    フィレンツェの危険地区と観光拠点に最適な地区を徹底解説!自分の予約するホテルが安全な場所にあるか確認しておこう。Check!
    海外旅行保険って必要?保険加入者のうち、実際に使った人の割合や補償内容を解説!無駄を省こう。Check!
    マイルの貯め方&使い方を初歩から説明!難しそうだからと貯めてこなかった方、必見のお得すぎる情報満載。Check!
    海外旅行×クレジットカードの疑問をQ&A方式で解説!両替所よりお得?JCBって使える?ラウンジ利用方法は?などなど。Check!

    人気記事

    フィレンツェのホテル
    海外旅行用クレジットカード
    マイルを貯めて飛行機に乗る
    海外旅行に必要なパスポートとお金
    wifiレンタル

    スポンサーリンク