白バラ記念館の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

白バラ記念館
DenkStätte Weiße Rose

2017/05/05 更新

DenkStätte Weiße Rose

データガイド

アクセス・入場

概要

反ナチス運動で散った若い命

DenkStätte Weiße Rose

白バラとは、1924年から43年にかけてミュンヘン大学の学生が起こした反ナチス運動である。
自由と人権、戦争終結を訴えるビラを大学内外に配布したことによって、6人の学生と1人の教授が処刑された。
ハンス・ショルとゾフィー・ショルの兄妹は逮捕の4日後、クリストフ・プロープストは逮捕の3日後の1943年2月22日に裁判にかけられ、その日のうちに断頭台に上げられた。
その後10月までに次々とメンバーは逮捕されている。

ミュンヘン大学構内には1953年に記念碑が立てられ、中央入口前のタイルには、当時撒かれていたビラやメンバーの写真、メンバーの1人ヴィリ・グラーフの別れの手紙が埋め込まれている。
大学の協力によって白バラ基金が設立され、記念館は1997年に当時の州知事によって中庭に建てられた。
この中庭でビラを撒いている際に兄妹は逮捕された。
現在ではショフ兄妹広場と名付けられている。

どんなミュンヘン旅行がしたいのか相談してみよう

「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
「最高のサプライズがしたい」
「10万円以内でミュンヘン旅行をしたい」
123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました。➡詳しくはこちら

ミュンヘン旅行者の必読記事

(Photo by Adam Jones)

人気記事

フィヤー・ヤーレスツァイテン・ケンピンスキーの客室
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク