サン・ジェルマン・デ・プレ (6区/7区)×観光

サン・ジェルマン・デ・プレ地域は非常に歴史が深い地域。パリで最も古い教会や世界的に有名なオルセー美術館などがある。観光の目玉はパリ三大美術館の一つであるオルセー美術館だろう。特に印象派のコレクションが充実していて人気が高い。オルセー美術館を中心に、効率よく観光地を巡りたい。ルーブル美術館も近いので合わせて観光するのも賢い選択になってくる。

このカテゴリーをパリ全域で見る

特集

エッフェル塔と夕暮れのパリ

パリ市内の世界遺産を効率よく旅する方法

パリには実に多くの世界遺産が存在する。 セーヌ川河岸一帯が世界遺産に登録されていたりと、複数の世界遺産が狭い範囲にまとまっているため、効率的に観光したい。 HowTravelがお勧めするのは、以下のブロックに分けてそれぞれ一気見する方法だ。 美術館など時間がかかるスポットは日程をずらして訪れるのも一つの手だろう。

エッフェル塔の足元からの眺め

【フランス】パリのお勧め定番観光スポット10選

初めてパリに訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック♪ 絶対行くべき定番スポットを厳選しました。

パリの現地オプショナルツアー

【空港送迎・世界遺産巡りなど】現地オプショナルツアー紹介

個人旅行の人にもお勧めしたいのが、現地オプショナルツアーだ。空港送迎だけ、個人では訪れるのが難しい近郊の日帰りバスツアーだけ、といったように、ツアー旅行の良いとこだけどリをすることができる。この記事では、パリ旅行を一層楽しくする現地オプショナルツアーを厳選してご紹介する。

interior of Palais Garnier in paris

【ロマンチック】 パリの美しすぎるスポット10選

パリに行ったら絶対に行きたい、美しくてロマンチックなスポットをランキング形式でご紹介。 有名なスポットからちょっとマイナーなスポットまで紹介しています。 HowTravel厳選のおすすめパリ観光スポットです!

サン・ジェルマン・デ・プレ (6区/7区)×観光

5件

1

オルセー美術館

近代美術の宝庫

ルーブル美術館と並ぶ、パリの代表的な美術館。1986年開業で美術館としての歴史は浅いが、1848年から1914年までの近代美術を集め名声を集めている。約2万点もの作品が並び、世界的に貴重な美術品が盛りだくさん。所要時間としては最低でも2時間、ゆっくりみてまわる場合は4時間程度と考えておきたい。 美術館は1900年のパリ万博の際に作られた駅舎を改装して作られており、随所に昔の面影を感じることができる。大時計の裏にあるカフェも有名だ。入り口に案内所があり、無料で館内案内パンフレットがもらえるので貰っておくと良い。オルセーでは、作者ごとに展示ブロックが別れているので、お目当ての画家の名前を見つけてじっくり鑑賞しよう。

Jardin-du-Luxembourg in paris

2

リュクサンブール公園

パリで最も美しい公園

リュクサンブール公園は、リュクサンブール宮殿の前庭で、パリで最も美しい公園の一つとして知られている。 25ヘクタール以上の敷地には、美しい木々と花、そして中心には大きな人工池が設けられている。

3

サン・シュルピス教会

ダ・ヴィンチ・コードの舞台となった巨大教会

このサン・シュルピス教会は奥行き113メートル、幅57メートル、高さ34メートルと、パリ市内ではノートルダム大聖堂に次ぐ大きさの教会だ。 ベストセラー小説「ダ・ヴィンチ・コード」の重要な舞台として取り上げられたことから、世界的に知られる。 劇中では教会内の真鍮の日時計をローズラインと呼び、同じく教会内にあるオベリスクと共に、物語の謎を解く重要な鍵とされた。

スポンサーリンク

Abbey-of-Saint-Germain-des-Pres in paris

4

サン・ジェルマン・デ・プレ教会

パリ最古の教会

かつて17世紀にはフランス中の思想家達がこのサン・ジェルマン・デ・プレ地区に集まり、革命への火種が醸成された。 この街のシンボルが、パリ最古の教会として名高いサン・ジェルマン・デ・プレ教会だ。

exterior of Musee Eugene-Delacroix, paris

ドラクロワ記念館

巨匠ドラクロワの全てが詰まる記念館

ドラクロワはフランスで最も尊敬される芸術家の一人だ。 一般民衆からもそうだが、数多の芸術家達から尊敬を集める。彼の描いた最も有名な絵画は、「民衆を導く自由の女神」だろう。 実は1998年まで、100フラン札に描かれていた。 一度は見たことがある人が多いのではないだろうか。