バススティーユ (11区/12区)×観光

バスティーユ地域はパリの文化を引っ張るエリア。街自体が見どころなのであたりを散策してみよう。途中疲れたら美しい広場があるので休憩しに寄るといい。

このカテゴリーをパリ全域で見る

特集

エッフェル塔と夕暮れのパリ

パリ市内の世界遺産を効率よく旅する方法

パリには実に多くの世界遺産が存在する。 セーヌ川河岸一帯が世界遺産に登録されていたりと、複数の世界遺産が狭い範囲にまとまっているため、効率的に観光したい。 HowTravelがお勧めするのは、以下のブロックに分けてそれぞれ一気見する方法だ。 美術館など時間がかかるスポットは日程をずらして訪れるのも一つの手だろう。

エッフェル塔の足元からの眺め

【フランス】パリのお勧め定番観光スポット10選

初めてパリに訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック♪ 絶対行くべき定番スポットを厳選しました。

パリの現地オプショナルツアー

【空港送迎・世界遺産巡りなど】現地オプショナルツアー紹介

個人旅行の人にもお勧めしたいのが、現地オプショナルツアーだ。空港送迎だけ、個人では訪れるのが難しい近郊の日帰りバスツアーだけ、といったように、ツアー旅行の良いとこだけどリをすることができる。この記事では、パリ旅行を一層楽しくする現地オプショナルツアーを厳選してご紹介する。

interior of Palais Garnier in paris

【ロマンチック】 パリの美しすぎるスポット10選

パリに行ったら絶対に行きたい、美しくてロマンチックなスポットをランキング形式でご紹介。 有名なスポットからちょっとマイナーなスポットまで紹介しています。 HowTravel厳選のおすすめパリ観光スポットです!

バスティーユ (11区/12区)×観光

4件

Place des Vosges in paris

1

ヴォージュ広場

「王の広場」

パリで最も古い広場の一つ。左右均等の調和のとれた伝統的なフランス式庭園を、レンガ造りの美しい館が囲む。 館の1階部分は天蓋付きの回廊となっており、ビストロやギャラリーが店を連ねる。 広場には日光浴をする人が集まってきており、観光客が比較的すくないことも相まって、格別にゆったりとした時間を過ごせる。

Place de la Bastille

2

バスティーユ広場

フランス革命の始まりの土地

18世紀のフランスは、市民の中に身分があり、第一身分(聖職者)、第二身分(貴族)、第三身分(平民)の3階級に別れていた。 ルイ16世の時代、財政難に陥っていたフランス王室は、財政立て直しのために平民も交えた議会を発足させた。 ところが、議会での決定方法に関して第三身分と第二身分が対立してしまった。 そのため王室/貴族は、この議会そのものをなくそうとしたが、これにフランス市民は激高したのだ。

Maison de Victor Hugo in paris

3

ヴィクトル・ユゴー博物館

天才作家ヴィクトル・ユゴーの記念館

その名の通り、フランスが生んだ天才作家、ヴィクトル・ユゴーの記念館。 彼の書いた「レ・ミゼラブル」はあまりに有名。何度も映画化されている。 この記念館は、ちょうど「レ・ミゼラブル」を執筆した時に実際にユゴーが住んでいた家を改装して作られたものである。

スポンサーリンク

interior of Maison Européenne de la Photographie in paris

4

ヨーロッパ写真美術館

現代写真アートが見れる古い邸宅

18世紀に建てられた元貴族の邸宅を改修して、ヨーロッパ写真美術館として現代写真アートを展示している。 内装は、外見からは想像できないモダンな作りになっており、現代写真アートの展示に違和感を覚えることはないだろう。