フンダートヴァッサーハウスの観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

フンダートヴァッサーハウス
Hundertwasserhaus

2017/05/05 更新

基本情報

住所

Kegelgasse 36-38 1030 Wien
トラム1号線Rasumofskygasse駅(ラーズモフスキーガッセ駅)徒歩3分
メトロU3線Rochuskirche駅(ローフスガッセ駅)徒歩10分

料金

無料

営業時間

24時間

休業日

年中無休

HP

http://www.hundertwasser-haus.info/
ドイツ語、英語

Hundertwasserhaus
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

公営住宅とは思えないカラフルでユニークなアパート

Hundertwasserhaus

ウィーン・リンクの外周部、端正な建物が立ち並ぶ街並みの中に突如現れるのが、赤・黄色・青とカラフルにペイントされた「フンダートヴァッサーハウス」だ。
オーストリアの画家・建築家であるフリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサーがデザインした「フンダートヴァッサーハウス」は、住宅でありながら、その外見のユニークさゆえに観光スポットともなっている。

レゴ・ブロックを思わせる色使いと、縦横に走る黒い曲線で構成された壁面は、絵本の中から飛び出てきたような非現実的な印象すらある。

意外や意外、この建物はウィーン市がフンデルトヴァッサーに依頼して建設した「公営住宅」なのだ。
現在も住宅として使われているため、各部屋には当然入居者が生活している。
そのため、残念ながら、部屋の内部までは見学することができない。外見を見て楽しもう。

見どころ

植物との共生を願って。建築家の想いがこもった建物

Hundertwasserhaus

フンデルトヴァッサーは、一貫して「自然との共生」「無機質な人工物の否定」をテーマとした建築家だ。
フンダートヴァッサーハウスは、そんな彼の建築哲学が具現化した集合住宅と言える。壁にも床にも平らな部分はなく、ゆるやかに波打っている。
壁や屋上は植物で覆われ、春-夏には青々とした草葉に覆われる。

有機的な曲線によって構成される建物を建てることのできる設計・建築家がおらず、建築計画が始まってから、建築家が見つかるまでに、実に6年もの歳月がかかったというエピソードもあるほどだ。

編集部一押しの観光プラン

シェーンブルン宮殿やウィーンの森へ!大充実プラン

  • ウィーンのお勧めツアー

    1日でウィーンを満喫!世界遺産シェーンブルン宮殿・ブルク庭園・ウィーンの森観光

    ウィーンを1日で効率良く回るのに便利なプラン。午前中はシェーンブルン宮殿などの市内名所を巡り、午後からは個人での観光が難しいウィーンの森や、ヨーロッパ最大の地底湖ゼーグロッテを散策。文化も自然もグルメも一度に満喫できる。

    ➡ 詳細はこちら

  • ウィーン旅行者の必読記事

    (Photo by Dario Sušanj)

    アクセス・入場

    フンダートヴァッサーハウスへのアクセス


    Kegelgasse 36-38 1030 Wien
    トラム1号線Rasumofskygasse駅(ラーズモフスキーガッセ駅)徒歩3分
    メトロU3線Rochuskirche駅(ローフスガッセ駅)徒歩10分

    プラン相談

    どんなウィーン旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「10万円以内でウィーン旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    ホテルザッハー
    海外での防犯対策グッズ