筆塔寺の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

筆塔寺
Chùa Bút Tháp (チュア ブッ タップ)

2017/05/05 更新

基本情報

住所

20、Bắc Ninh
タクシーでホーチミン廟から26分、約VND420,000-500,000、旧市街から25分約VND400,000-480,000

料金

VND15,000

営業時間

5:00-19:00

休業日

年中無休

HP

-

But Thap Pagoda
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

千手千眼観世音菩薩像が有名な寺

But Thap Pagoda

正式名称は「寧福寺」。
阮朝(1802-1945)の第4代皇帝「嗣徳帝(在位1848-1883)」が、本堂の東側にある「報厳塔」の先が筆のような形に見えると言ったことから「筆塔寺」と呼ばれるようになった。
名前の由来となった報厳塔は、高さ13メートルの五層の石塔。
内部にはベトナム北部仏教を再興した拙拙禅師が祀られている。

創建は13世紀。
その後中国の僧「拙拙禅師(1590-1644)」が北部仏教を再興。17、8世紀にはその中心地となった。
1646年には時の権力者である「鄭壮」によって修復が行われ、現在の姿となる。

注目したいのは国宝級の傑作、千手千眼観世音菩薩像。
ジャックフルーツの木を使い、3年の歳月をかけて作られたという。
42本の手と、光輪に彫られている952本の小さな手で多くの人を見守り救うと信仰されている。
また、千手千眼観世音菩薩像以外にも三世仏、文殊菩薩、普賢菩薩、釈迦苦行像、ティ・キン観音、十八羅漢などが祀られている。

編集部一押しの観光プラン

世界遺産ハロン湾を堪能する、幻想的な贅沢クルーズ

ハノイ旅行者の必読記事

(Photo by cea +)

アクセス・入場

筆塔寺へのアクセス

20、Bắc Ninh
タクシーホーチミン廟から26分、約VND420,000-500,000、旧市街から25分約VND400,000-480,000

プラン相談

どんなハノイ旅行がしたいのか相談してみよう

「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
「最高のサプライズがしたい」
「4万円以内でハノイ旅行をしたい」
123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
➡詳しくはこちら

人気記事

ハノイのホテル
海外での防犯対策グッズ