ハノイ中心部

詳細検索

この地域でカテゴリーを絞る

観光
エンタメ
ショッピング
グルメ

ハノイ中心部

48件

Thang Long Water Puppet Theatre

タンロン水上人形劇

歴史ある水上人形劇

ホアンキエム湖北岸近くにある劇場で見ることのできる水上人形劇。 ベトナム建国の父・ホー・チ・ミンが旧チェコスロバキアを訪れた際人形劇に感銘を受け、自国の子供たちのためにベトナム国家人形劇団を創設。タンロン水上人形劇場が建設された。

Nha San Bac Ho Chi Minh

ホーチミンの家

ホーチミンが生涯を終えた素朴な家

ホーチミンの家は、ホーチミン廟のほど近くに立つ高床式の民家だ。 1958年に建てられ、ホーチミンはそれから生涯を閉じる1969年までの11年を、この質素な家で暮らした。 彼の暮らした家は、現在はハノイの観光名所の一つとなっている。 内部を見学することはできないが、質素なあつらえの室内を外から覗き見ることができる。日用の愛用品なども、生前を再現するように設置…

Hanoi Museum

ハノイ国立博物館

ハノイ郊外に位置する大ボリュームの博物館

ハノイ国立博物館は、2010年にオープンした、ハノイの中でも新しい博物館だ。 ガラス張りの逆三角形のモダンな外見が目を引く、ハノイの新たなランドマークと言えるだろう。 地上4階、地下2階という広大な展示スペースに、ハノイの自然から美術品に至るまで、ダイナミックな展示が行われている。

Vietnam Museum of Ethnology

民俗学博物館

ベトナムに生きる少数民族の生活を知る博物館

ベトナムには、50種類を超える多様な少数民族が住んでいる。 それぞれの民族ごとに独自の風習を持ち、特徴的な生活を営んでいることで知られる。 ベトナム民俗学博物館は、そんなベトナムの少数民族に関する展示が一堂に会す博物館だ。 独特な衣装や日用品も魅力的だが、民族学博物館の目玉は豊富な屋外展示品だ。

Vietnam national museum of history

国立歴史博物館

ベトナムの華やかな歴史を振り返る博物館

ベトナム・ハノイの国立歴史博物館。 ここは、原始時代から近現代までの南北ベトナムの歴史をまとめた、見応えのある博物館だ。 石器時代に始まり、北部は中国の、南部はインドの影響を受けて独自に文化が発展する中世、そしてフランス領となり、独立に至るまでの激動の時代。 複雑なバックグラウンドを持ち今日に至るベトナムの歴史を振り返れば、ベトナムという国が改めて新鮮に見え…

Hanoi Opera House

オペラハウス(市劇場)

フランスが残した美しいオペラハウス

1901年着工、10年もの歳月をかけ1911年に完成したオペラハウス。 2人のフランス人建築家によりパリにあるガルニエ宮(オペラ座)を模して建てられた。 ハノイに残るフランス建築の中で最大規模を誇り、かつ最も美しい建築物であるといわれている。 現在でも、オペラやベトナムの伝統芸能、バレエ、ベトナム国立交響楽団(VNSO)をはじめとする国内外の楽団によるコンサ…

Tran Quoc pagoda

鎮国寺

長い歴史を持つタイ湖湖畔の寺

タイ湖のほとりに建つベトナム最古の寺。 もともとは李南帝時代(544-548)に紅河のほとりのイエンホアという村に建立された寺で、当時は「開国寺」と呼ばれていたが、1440年、後黎朝の第2代皇帝である黎太宗の時代に「安国寺」と改名。 その後、紅河の土手が崩れてきたため、1616年に現在の場所へと移された。

One Pillar Pagoda

一柱寺

観音様に導びかれ建てられた御堂

もともとはベトナム最古の寺といわれる「延祐寺」の御堂のひとつだった建造物。 一本の柱で支えられ、池に浮かぶ蓮のような形をしていることから「蓮花台」とも呼ばれる。 また、一柱寺という俗称は、御堂の土台が一本の柱でできていることに由来するものである。

Temple of Literature

文廟

ベトナム最古の大学があった孔子廟

孔子を祀るために建立された廟。 「孔子廟」とも呼ばれる。 文廟内部に掲げられている「萬世師表」という言葉は、「永遠に人々の模範となる先生」という意味で、孔子のこと。 1070年に建立される。

Ngoc Son Temple

玉山祠

歴史とともに役割を変えてきた湖の寺院

ホアンエキム湖の中にそびえるこぢんまりとした寺院、それが玉山祠だ。 石造りの橋を渡り、大きな門をくぐって寺院を見学することができる。 もともとは橋はなく、船で訪れていたところを、1800年代の大規模な改修時に橋が建設され、一般市民もアクセスしやすくなったという経緯がある。

1 2 3 4 5