花博公園の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

花博公園 (ハナハクコウエン)
花博公園 (ファブォゴンユェン)

2017/05/05 更新

基本情報

住所

台北市中山区玉門街1号

メトロ淡水線圓山駅の1番出口直結

料金

園内は無料
※店舗、展示の一部有料

営業時間

9:30-17:30
金曜、土曜は9:00-20:00(店舗により異なる)

休業日

月曜日(一部営業)

HP

Taipei Expo Park
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

特徴

Taipei Expo Park

2010年11月より約6か月に渡って開催された「台北国際花博覧会」の跡地にできた公園。園内はテーマ別に圓山公園エリア、美術公園エリア、新生公園エリアに分けられ、幾つかのパビリオンが存続されている。上海万博の「台北館」が移設展示され、各種イベント会場としても利用されている。

見どころ

園内はとても広く近くに松山松山空港がある為、真上を通るを飛行機を見られる。花壇は手入れが行き届いており、色々な花を使った展示物があり、花好きにはたまらない公園だ。

美術公園エリアには台北市立美術館台北故事館もある。「MAJI MAJI 集食行楽」と呼ばれる商店街もあり、レストラン、フードコート、農産品店等が並ぶ。なお、商店街内でもらったレシートで、商店街の中央にあるメリーゴーランドに乗れる。賑やかな台北の街を堪能したら、花博公園でゆっくり過ごしてみたい。

編集部一押しの観光プラン

スムーズかつ安全な夜の九份散策

台北旅行者の必読記事

(Photo by 明哲 蔡 明哲 蔡)

アクセス・入場

花博公園へのアクセス

メトロ淡水線圓山駅の1番出口直結。

プラン相談

どんな台北旅行がしたいのか相談してみよう

「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
「最高のサプライズがしたい」
「2万円以内で台北旅行をしたい」
123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
➡詳しくはこちら

人気記事

台北のホテル
海外での防犯対策グッズ