シンガポールの公園・広場人気ランキング

公園・広場・通り

22件

Hort Park

ホート・パーク

生活を彩るガーデニングについて学べる国立公園

ガーデン王国シンガポールの国立公園として造られたのが、「ホート・パーク」である。 2008年に開園したパークでは、20の小さな庭園を見ることができる。 ガーデンのテーマもさまざまで、ファンタジーや緑との共存などいろんな庭園が鑑賞できるのである。

Mount Faber

マウント・フェーバー

自然を楽しむ遊歩道とマーライオンの小高い丘

標高200メートルほどの小高い丘が、「マウント・フェーバー」と呼ばれているスポットだ。 マイナスイオンたっぷりのウォーキングコースとして有名な場所である。 自然豊かなコースと美しいサンセットが見れることから、若い人たちのデートスポットとしても人気のスポットだ。

War Memorial Park

戦争記念公園(日本占領時期死難人民記念碑)

シンガポールで学ぶ日本の歴史

第二次世界大戦中、日本軍はシンガポールを占領し、華人の虐殺が行われた。 その犠牲者を慰めるため、建築されたのが、戦争記念公園である。 元々お墓はシンガポール国内の場所でバラバラに立てられていた。それを、一つにしようと、首相リークワンユー主導の下建築された。

Sungei Buloh Wetland Reserve

スンゲイ・ブロウ自然公園

シンガポールの中の大自然

シンガポールにこんな大自然が残っていることに驚かされる広大な鳥の楽園である。 およそ87ヘクタールに及ぶこの湿地帯では、多種多様な動物、鳥、植物などを観察することができるシンガポール最北部にあるマングローブ林を中心とする指定湿地帯自然保護区となる。

chek jawa

チェック・ジャワ

ジャングルだった頃のシンガポールに出会える

現在のように開発される前、アジアの熱帯雨林の一部だった頃のシンガポールの原風景に触れられる貴重な場所がここチェック・ジャワだ。 海岸とマングローブ林、さらには100ヘクタールにも及ぶ湿地帯と、シンガポールとは思えない大自然に驚かされるはず。

Pasir Ris Park

パシール・リス・パーク

ゆったりと散歩を楽しむならパシール・リス・パーク

サイクリングロードやバーベキューコートのある設備の充実した大規模公園といえばまず「イーストコーストパーク」の名前が挙がるが、こちらのパシール・リス・パークもおすすめだ。 知名度がイーストコーストパークに比べて低い分、人の訪れが少なくゆったりと散策が楽しめる。

Bukit Timah Nature Reserve

ブギ・ティマ自然保護区

シンガポールで原始の熱帯雨林を訪れる

中心部CITYエリアからも車で20分ほどで到着するブキ・ティマ自然保護区は、狭い国土を徹底的に開発したシンガポールにおいて、唯一手付かずの熱帯雨林特有の自然がそのまま残されている。

Bay East Garden

ベイ・イースト・ガーデン

美しい眺望が楽しめるフリーガーデン

シンガポールの名所「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」の一部を構成しているのが、「ベイ・イースト・ガーデン」である。 ベイサウス、ベイ・セントラルと共に巨大な植物園を構成している庭園だ。 無料で24時間入ることができる美しい庭園として知られている。

Sir Stamford Raffles Landing Site

ラッフルズ上陸記念の地

シンガポールの父を讃える

シンガポールの発展に大きく貢献したラッフルズ卿が、シンガポールに初上陸した記念の地。ラッフルズ卿を讃える銅像が堂々と立っている。 ラッフルズは東インド会社のイギリス人職員として、20代でシンガポールへ渡航してきた。独学でマレー語を勉強していたラッフルズ本人の希望での赴任だったという。イギリス植民地としてシンガポールの都市開発を手がけながら東洋文化も熱心に学ん…

ロロン・マンボン

ロロン・マンボン

欧米風のおしゃれスポットでショッピング

ロロン・マンボンは、ホランドビレッジの西側に位置するストリートのことである。 ホランドビレッジには、多くの欧米人が居住しており、おしゃれなカフェ、レストラン、雑貨店、ホーカーなどが立ち並ぶ。 大きなショッピングストリートではないが、おしゃれな場所として年々発展しており、多くの観光客が訪れる場所に変貌してきた。 特に、おしゃれな雑貨店があることでも知られおり、…

1 2 3