フィリピンの電圧・電源プラグ・度量衡

フィリピンの電圧・電源プラグ・度量衡

2017/05/05 更新

Voltage

データガイド

チェック

フィリピンの電圧・電源プラグ・度量衡

変圧器は要確認、電源の変換プラグを持って行こう

フィリピンの電圧は120V、230V、240Vが主流で周波数は60Hzとなっており、日本の100Vの電化製品をそのまま使うと故障や事故の原因になる。「電圧100V-240V」、「50Hz-60Hz」等と記載されているものもあるので、必ずしも変圧器が必要とは限らない。事前に確認してから変圧器の要否を判断した方が良い。

電源プラグはA型とC型とO型が主流だ。日本のプラグはそのままでは使えないので変換プラグを忘れないようにしよう。

フィリピンの度量衡

日本とほぼ同じ! 長さはフィートを使用

フィリピンの度量衡は日本とほとんど同じで、メートル、ヘクタール、リットル、グラム等が常用されているが、長さはフィートを使用する。靴や洋服のサイズは日本のサイズ感と異なるものも多いので、購入前に試着するのをお勧めする。

どんなマニラ旅行がしたいのか相談してみよう

「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
「最高のサプライズがしたい」
「4万円以内でマニラ旅行をしたい」
123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました。➡詳しくはこちら

人気記事

外貨両替窓口
マニラのホテルの夜景
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク