フィリピンの電圧・電源プラグ・度量衡

フィリピンの電圧・電源プラグ・度量衡

2017/05/05 更新

データガイド
データガイド

チェック

フィリピンの電圧・電源プラグ・度量衡

変圧器は要確認、電源の変換プラグを持って行こう

フィリピンの電圧は120V、230V、240Vが主流で周波数は60Hzとなっており、日本の100Vの電化製品をそのまま使うと故障や事故の原因になる。「電圧100V-240V」、「50Hz-60Hz」等と記載されているものもあるので、必ずしも変圧器が必要とは限らない。事前に確認してから変圧器の要否を判断した方が良い。

電源プラグはA型とC型とO型が主流だ。日本のプラグはそのままでは使えないので変換プラグを忘れないようにしよう。

フィリピンの度量衡

日本とほぼ同じ! 長さはフィートを使用

フィリピンの度量衡は日本とほとんど同じで、メートル、ヘクタール、リットル、グラム等が常用されているが、長さはフィートを使用する。靴や洋服のサイズは日本のサイズ感と異なるものも多いので、購入前に試着するのをお勧めする。

編集部一押しの観光プラン

ANA利用・指定ホテルで安心感抜群のマニラ2泊3日ツアー

マニラ旅行者の必読記事

人気記事

マニラのホテルの夜景
【マニラのホテル】避けるべき危険地区の解説・お勧めホテル紹介
飛行機で安眠できる最強睡眠グッズを旅のプロが厳選
海外での防犯対策グッズ
海外旅行中のあらゆる盗難を防止する究極の防犯グッズ特集