上海のアミューズメント人気ランキング

アミューズメント

33件

shanghai zoo

1

上海動物園

上海の動物園

中国国内でも有数の規模を誇る動物園。 かつてはゴルフ場であったが、廃業後の1954年に公園化。 西郊公園と呼ばれていた。 1959年より動物を飼育し始め、1980年に現在の名称となる。

Shanghai Ocean Aquarium

2

上海海洋水族館

アジア最大級の水族館

2002年2月に東方明珠電視塔横にオープンした、アジア最大級ともいわれる水族館。 地上3階、地下2階建で、総面積は20,538平方メートル。 絶滅の危機に瀕している生物を含め、300種類以上、10,000匹以上の生物を飼育している。 観光客だけでなく上海っ子にも人気のスポットである。

Shanghai Wild Animal Park

3

上海野生動物園

動物と触れ合うことのできる動物園

上海市中心部より35キロメートルの位置、浦東空港近くにある動物園。 上海に2つある動物園のうちのひとつで、正式にオープンしたのは1995年。 園内には世界各地の代表的な動物、200種類余り1万頭が飼育されている。 敷地面積は153ヘクタール。

スポンサーリンク

Botanical Gardens

4

上海植物園

四季折々の花が楽しめる植物園

中国国内最大級の植物園。 敷地面積は81.86ヘクタール。 園内は盆景園、薔薇園、牡丹園、金木犀園、草薬園、松柏園、楓園、竹園、蘭室などに分かれており、四季折々様々な花を楽しむことができる。 また、国内の希少な植物や絶滅危惧種なども栽培されている。

Jinjiang Action Park

錦江楽園

中国最大級の観覧車がある遊園地

1984年に建設された、年間100万人が訪れる大型遊園地。 ジェットコースター、メリーゴーランド、観覧車など定番のアトラクションが揃う。 上海ハッピーバレーや、2016年開園予定の上海ディズニーランドを意識し、近年、最新の絶叫マシンなどを積極的に導入している。

Shanghai Film Park

上海影視楽園

中国映画の生まれる場所

上海中心部から南西へ約25キロメートルのところにある映画村で、中国10大映画撮影基地のひとつ。 上海電影集団公司が運営し、正式名称は、「上影车墩影视摄制基地」。 1930年代上海を再現したオープンセットとして利用するため建設された。 面積は約12万平方メートルだが、将来的には約200ヘクタールまで拡張する予定であり、その規模はハリウッドのユニバーサルスタジオをしのぐものとなる。

Shanghai Racing Circuit

上海国際サーキット

上海でのF1グランプリ開催地

上海市嘉定区にあるサーキット。 ヘルマン・ティルケ(ドイツ人設計者、サーキットの設計者として有名)により設計され、2004年に完成した。 中国国内では珠海国際サーキットに続く国際規格サーキットである。 運営するのは上海国際賽車有限公司。

スポンサーリンク

Chenshan Botanical Garden

上海辰山植物園

巨大な温室と「辰山」、採石場跡地が魅力の植物園

上海市松江区にある植物園。 科学の研究、科学知識の普及、鑑賞、観光を目的として造園され、2011年より一般に公開される。 207ヘクタールもの敷地に世界各地から集めた9000種余りの植物が栽培されている。 園内のいたるところに人口の湖や水路などが造られており、美しい風景を生み出している。 季節ごとに咲き乱れる花と美しい風景を求め、訪れる人の足は絶えない。

Bund Sightseeing Tunnel

バンド観光トンネル

光と音を楽しむ観光トンネル

外灘と陸家嘴を結ぶ観光トンネルで、全長は約650メートル。 無人運転のトロッコに乗り、約5分かけて両地点を移動することができる。 トンネル内はカラフルなイルミネーションで飾られており、BGMが流れる。 ケーブルカーほどの速度のトロッコで光と音の中を進むアトラクションだ。

Boat in Huangpu River

上海市輪渡 東復線

上海市民の足、東復線

陸家嘴と老碼頭を約5分で結ぶ渡し船。 「輪渡」とは中国語で渡し船という意味である。 乗船時間は5分と短いが料金は安く、船上から上海の町並みを眺めつつ移動できるのが魅力。 2階建ての船の1階部分にはバイクや自転車を乗せることができる。 また、屋上デッキへの立ち入りが許されている船では、屋上デッキが人気。