マカオタワーの観光情報(バンジー・料金・行き方・営業時間)

マカオタワー
澳門旅遊塔 (トレ・デュ・マカウ)

2018/03/15 更新

基本情報

住所

Largo da Torre de Macau, Macau

セナド広場から車で10分弱
マカオフェリーターミナルから車で10分弱
路線バスMacao Tower停留所、Torre/Tunel Rodoviarios停留所より徒歩5分

料金

入場無料

■展望台
MOP$145
3歳-11歳、65才以上はMOP$75
3才以下無料

■バンジージャンプ
MOP$3488

■スカイウォーク
MOP$788

■タワークライム
MOP$2288

■スカイジャンプ
MOP$2588

営業時間

平日は10:00-21:00
土曜、日曜、祝日は9:00-21:00

休業日

年中無休

HP

https://www.macautower.com.mo/
中国語(繁体字・簡体字)、英語

Torre de Macau
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

特徴

Torre de Macau

マカオ半島南端の海岸沿いに位置するマカオタワー。360度の眺望が楽しめるマカオ観光の要所だ。高さは338メートルで東京タワー(333メートル)よりも高く、世界19位、中国国内では6位である。

マカオタワーの展望台では様々なアクティビティができる。233メートルの高さから飛び降りるバンジージャンプは特に有名で、商業用バンジーとしては世界最高の高さ。ギネス記録にも登録されている。

マカオタワーのふもとには4階建てのコンベンションセンターがあり、カフェ、レストラン、宴会場、映画館、ブランドのセレクトショップ、土産物店などの商業施設を多数併設している。

マカオの中心部からやや離れているが、セナド広場からは路線バスやタクシーで10分程。

歴史

正式名称は「マカオタワーコンベンションアンドエンターテイメントセンター」。マカオの大富豪にして有名人、スタンレー・ホーが建設を切望したことがきっかけと言われている。1998年に建設開始、2001年にオープンした。アメリカのラスベガスにあるカジノタワー「ストラトスフィア」と同じデザインである。

タワーは放送の電波塔としての役割も果たしている。

チェック

①展望台

Torre de Macau

マカオを一望できる最良の立地
58階と61階の2ヶ所に展望台は、マカオを一望できる絶好のスポット。58階の床の一部は透明になっているので宙に浮いているような感覚を味わう事ができる。お土産をコーナーもある。

②バンジージャンプ

Torre de Macau

ギネスにも認定された世界最高のバンジージャンプ
マカオタワー最大の魅力は61階の展望台からのバンジージャンプ。233メートルの高さから時速約200キロメートルで急降下するスリル満点のアクティビティだ。商業バンジージャンプでは世界最高の高さを誇り、ギネス記録にも認定されている。これまでに1度も事故を起こしていない徹底した安全管理も評価が高い。受付は地上階と展望台どちらからでも可能だ。

➡ 日本語でのチケット事前購入はこちら

■バンジージャンプ
・営業時間:月曜-木曜は11:00-19:30、金曜-日曜は11:00-22:00
・所要時間:90分
・費用:MOP$3088
・参加資格:体重40キロ以上、原則10才以上

③アクティビティ

マカオタワーのスカイウォーク

バンジーだけではないタワーの魅力

マカオタワーにはバンジージャンプの他にもタワーの縁を歩けるスカイウォークや、バンジージャンプとは逆にロープを使ってタワーを上るタワークライム等の様々なアクティビティがある。誰でも参加できるものもあり、家族で楽しむことができる。内容や費用は以下の通り。

■スカイウォーク
・営業時間:月曜-木曜は11:00-19:30、金曜-日曜は11:00-22:00
・所要時間:20分
・費用:MOP$788

➡ 日本語でのチケット事前購入はこちら

■タワークライム
・営業時間:10:30、15:30(1日2回)
・所要時間:2時間-3時間
・費用:MOP$1888
・参加資格:身長140センチメートル以上

■スカイジャンプ
・営業時間:月曜-木曜は11:00-19:30、金曜-日曜は11:00-22:00
・所要時間:17秒
・費用:MOP$2088

■クライミングウォール
・営業時間:土曜、日曜は11:00-18:00
・費用:MOP$250

④カフェ、レストラン

パノラマビューを堪能できる人気店も

マカオタワーにはエンターテインメント施設だけではなく、さまざまなカフェ、レストランが軒を連ねている。なかでも60階にある「360°カフェ」は、その名のとおり座席が回転する驚きのレストラン。ビュッフェスタイルの食事をしながら360度の眺望を楽しむことができる。バラエティ豊かなメニューは高級ホテルのレストランを超えるほどの内容で、デザートも充実している。人気店なのであらかじめ予約をしておこう。

■360°カフェ
・ランチビュッフェ
MOP$278、6歳-12歳はMOP228
・ティーセット
MOP$178、6歳-12歳はMOP148
・ディナービュッフェ
MOP$480、6歳-12歳はMOP380

その他、以下の店舗もお勧めだ。

■Patisserie(B1)
焼きたてのパンやアイスクリームが食べられるカフェ。

■シンギングビーンコーヒー(1F)
マカオで有名なコーヒー店。日本のミカドコーヒーの豆が使われている。58階の展望フロアでも購入可能。モカソフトがお勧め。

■Lua Azul(3F)
高級中華ダイニング。落ち着いた雰囲気の中で本格的な広東料理やユニークな創作料理を楽しめる。

■カフェオンフォー(4F)
軽食やスナックを楽しめる。ひと息つきたいときにお勧め。

⑤ショッピング、カジノ

Torre de Macau

買い物もゲームも楽しもう!

バンジージャンプが有名なマカオタワーだが、エリア内にはあらゆる商業施設が営業しており丸1日楽しめる。ショッピングエリア「ISA」にはグッチ、アルマーニ、フェンディ、プラダ、カルティエ、ダンヒル等の世界的に有名なブランドショップが並ぶ。地下1階と1階にはカジノ「Mocha」があり、軽食を摂る事もできる。

編集部一押しの観光プラン

マカオタワー360°レストランの豪華ビュッフェが人気

  • マカオタワーの最高の展望と共に豪華ランチュッフェに舌鼓

    マカオ世界遺産巡り&食べ歩きツアー☆マカオタワー360°レストランのランチ付

    マカオを観光する上で外せない名所・グルメを一度に堪能できる納得の人気プラン。マカオタワー360°レストランでのランチビュッフェや世界遺産「聖ポール天主堂跡」観光など、日本語ガイドの案内で深い理解と感動とともに巡る。

    ➡ 詳細はこちら

  • ➡ その他のマカオタワー現地ツアーはこちら

    旅のプロ直伝 マカオタワー観光のポイント

    執筆者の旅工房コンシェルジュ、河端慎也さん
    旅工房トラベル・コンシェルジュ
    香港担当
    河端 慎也
    提携パートナー
    マカオタワーは338mの高さを誇る、マカオを代表する観光スポットの一つです。展望台では絶景はもちろん、様々なアトラクションも楽しめますよ。特にバンジージャンプは、タワーの233mの地点から時速約200kmで急降下!かなりのスリルを味わえます。

    マカオタワーのお食事は、360°カフェがオススメです。テーブル席エリアが回転する仕掛けになっていてマカオの全景がどこの席からでも楽しめるようになっている面白い仕掛けは一度楽しむ価値ありです。

    マカオ旅行者の必読記事

    (Photo by MrT HK Ming-yen Hsu)

    アクセス・入場

    マカオタワーへのアクセス

    マカオ半島の南端にあるマカオタワーは、セナド広場から車で10分弱程の距離に位置する。マカオ国際空港からもマカオフェリーターミナルからも比較的近い。

    ■マカオ国際空港から
    タクシーだと約20分でMOP$60。路線バスだと約MOP$4.2で、深夜まで走っていて便利だ。

    ■マカオフェリーターミナルから
    マカオには、マカオ半島のマカオフェリーターミナルと、タイパ島のタイパフェリーターミナルがある。香港からマカオへの移動はフェリーが便利。タクシーだと約10分でMOP$20。路線バスだとMOP$3.2。

    路線バス

    路線バス9A番、 18番、 23番、 26番、 32番、 MT4番線Macao Tower停留所より徒歩5分。

    路線バス26番、MT4番線Torre/Tunel Rodoviarios停留所より徒歩5分。

    プラン相談

    どんなマカオ旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「4万円以内でマカオ旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    マカオのホテル
    海外での防犯対策グッズ