聖ラザロ教会の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

聖ラザロ教会 (セイラザロキョウカイ)
望德堂 (イグレシア・デ・セント・ラザロ)

2017/05/05 更新

基本情報

住所

Rua de João de Almeida, Macau 
マカオ国際空港からタクシーで澳門友誼大橋を通るルートで約15分。
西湾大橋を通るルートで約20分。

料金

無料

営業時間

7:00-18:00

休業日

年中無休

HP

-

データガイド
アクセス・入場

データガイド

概要

ハンセン病患者の心のよりどころであった場所は、シンプルながらも神聖な雰囲気

マカオ北区、中央部に位置する聖ラザロ教会は、1570年に建設された大変に歴史のある教会である。
元々はハンセン病患者の収容施設に隣接した教会であり、幾多の差別を受けてきたハンセン病患者たちの心のよりどころとしての役割を果たしてきた。

その後は一般の中国人キリスト教徒にも開放されるようになったこの教会は、1885年に一度建てなおされたものの、それ以来ほとんど当時の雰囲気を保ったままで現在までマカオ市民に愛され続けている。

教会自体はシックでシンプルな外観をしているが、長い歴史に裏打ちされた神聖で静謐な雰囲気は、マカオの賑やかながらもごみごみとした街並みの中で毅然とした存在感を放ち続けている。
ファザードの上部にある曲線形のペディメントには、十字架の紋章が装飾されており、この教会のシンボルとなっている。

編集部一押しの観光プラン

2泊3日快適ホテル滞在! マカオお手頃ツアー

マカオ旅行者の必読記事

アクセス・入場

聖ラザロ教会へのアクセス


Rua de João de Almeida, Macau 
マカオ国際空港からタクシーで澳門友誼大橋を通るルートで約15分。
西湾大橋を通るルートで約20分。

人気記事

マカオのホテル
【マカオのホテル】避けるべき危険地区の解説・お勧めホテル紹介
飛行機で安眠できる最強睡眠グッズを旅のプロが厳選
海外での防犯対策グッズ
海外旅行中のあらゆる盗難を防止する究極の防犯グッズ特集