ビクトリア・パークの観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

ビクトリア・パーク
維多利亜公園 

2017/05/05 更新

基本情報

住所

香港銅鑼灣高士威道 
メトロ港島線銅鑼灣(コーズウェイベイ)駅E出口から徒歩3分 

料金

公園は無料 
その他施設によって異なる

営業時間

公園は24時間 
その他施設によって異なる

休業日

施設によって異なる

HP

Victoria Park
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

香港最大級の公園

Victoria Park

香港島北部の銅鑼湾(コズウェイベイ)の一角にある広さ約19ヘクタールの公園で、英国統治時代に建設された。

ビクトリア女王の銅像が立つのが正面入り口で高士威道(コーズウェイロード)に面しており、その他合計17箇所の入り口がある。
公園北側はビクトリアハーバーに面し、高士威道(コーズウェイロード)を挟んだ南側には香港中央図書館がある。
広大な公園敷地内にはサッカーピッチ、テニスコート、スイミングプール、スケートリンク等のスポーツ施設があり、誰でも利用出来る。

奥に進むと緑の広大な芝生広場があり、一年を通して様々な催しものが開催される。
特に旧正月時期に開催されるフラワーマーケットは毎年賑わいを見せている。

なお、日本では東京ドーム何個分という表現がされるのと同じように、香港では広さを表現する際、このビクトリアパーク何個分と表現されることが多い。

見どころ

公園の名前の由来となったビクトリア女王像

Victoria Park

公園のシンボルでもあるビクトリア女王の銅像は、女王の即位60年を記念して1897年に建てられたものである。
もともとはスタチュースクエアという別の場所にあった銅像だが、かつて日本が香港を統治していた頃、軍事材料にするために一度持ち出されており、終戦時に現在の位置に置かれた。
この銅像を置くためにビクトリアパークが建設されたと言われている。

編集部一押しの観光プラン

ピーク・トラムへ優先乗車!香港一の夜景を楽々観賞

  • オープントップバスとトラムの両方が楽しめる夜景観光ツアー

    オープントップバス+ビクトリア・ピーク 100万ドルの香港夜景観光ツアー

    オープントップバスで煌びやかなネオン街を走り抜けた後は、ビクトリア・ピーク名物トラムに乗って宝石箱のような夜景を一望。ピーク時には混雑必至なトラムに優先乗車できるのはとてもありがたい。100万ドルの夜景を味わおう。

    ➡ 詳細はこちら

  • ➡ その他のビクトリアピーク現地ツアーはこちら

    香港旅行者の必読記事

    (Photo by Peter Bonnett)

    アクセス・入場

    ビクトリア・パークへのアクセス

    香港銅鑼灣高士威道 
    メトロ港島線銅鑼灣(コーズウェイベイ)駅E出口から徒歩3分 

    プラン相談

    どんな香港旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「3万円以内で香港旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    香港のホテル
    海外での防犯対策グッズ