ヌーン・デイ・ガンの観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

ヌーン・デイ・ガン
午砲  (ヌーン・デイ・ガン)

2017/05/15 更新

基本情報

住所

香港島銅鑼灣告士打道 
メトロ港島線銅鑼灣(コーズウェイベイ)駅D1出口から徒歩10分

料金

無料

営業時間

毎日正午

休業日

年中無休

HP

-

データガイド
アクセス・入場
データガイド

概要

150年以上続く正午の時砲


ヌーン・デイ・ガンとは、銅鑼灣(コーズウェイベイ)の海岸沿いで英国統治時代から150年以上続けられている、毎日正午になると空砲を鳴らす午砲のことだ。
この大砲はもとは海軍が使用していたもので、1860年ころからこの地に据えられている。
かつて香港が英国の統治下にあったころ、ジャーディン・マセソン商会は、自社の船が無事入港すると祝砲を撃っていた。
それを見た英国の海軍指揮官が、大砲の弾は海軍の船のみに使用するものだと立腹し、永久に午砲を打つよう命令したことが、今でも続く午砲のはじまりと言われている。

見どころ

銅鑼灣(コーズウェイベイ)の穴場スポット


メトロ銅鑼灣(コーズウェイベイ)駅から海岸沿いに出るには、地下道を通らないと渡れない。
この地下道の入り口が大変わかりづらいが、ワールド・トレード・センターにある地下駐車場へと入る地下道が入り口となっている。
駐車場入り口には矢印とともに「Noon Day Gun」と書かれており、その地下道を抜けるとちょうど大砲の前に出る。
毎日行われているにもかかわらず、観光客はほとんどいない穴場スポットとなっている。
正午前には鐘が10回鳴らされ、これが間もなく午砲が始まるという合図。
目の前で大砲の音を聞くことができるので、銅鑼灣(コーズウェイベイ)を訪れた際にはぜひ足を運んでみよう。

編集部一押しの観光プラン

【H.I.S.】香港2泊4日お手頃満喫ツアー

  • 香港4日間 28,800円-

    2泊4日の弾丸ツアー。帰路は機内泊して早朝の成田着で、忙しい人にぴったり。航空券とホテルのみで、現地での旅程が定められていないため自由に行動できるのが嬉しいポイント。困った際にもH.I.S.の香港支店が24時間日本語対応でサポートしてくれるのでご安心を。
    ➡ 詳細はこちら
  • ➡ その他の香港ツアーはこちら

    香港旅行者の必読記事

    (Photo by Rob Young よね Rob Young)

    アクセス・入場

    ヌーン・デイ・ガンへのアクセス


    香港島銅鑼灣告士打道 
    メトロ港島線銅鑼灣(コーズウェイベイ)駅D1出口から徒歩10分

    人気記事

    WiFiを現地で使用して徹底比較!
    【6ヶ国で実際に比較!】本当にオススメの海外WiFiレンタルはこれ!
    香港のホテル
    【香港のホテル】避けるべき危険地区の解説・お勧めホテル紹介
    飛行機で安眠できる最強睡眠グッズを旅のプロが厳選