天寧寺塔の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

天寧寺塔 (テンネイジトウ)
天宁寺塔

2017/05/05 更新

基本情報

住所

宣武区広安門北浜河路 
19、40、49、390番系統のバスで天寧寺停留所にて下車。

料金

無料

営業時間

9:00 - 16:00

休業日

年中無休

HP

-

データガイド
アクセス・入場
データガイド

概要

落ち着いた雰囲気の中にそり立つ、57メートルの仏閣

晴れた空にまっすぐに伸びるこの塔は、北京で最古の寺院である天寧寺シンボルとなっている。
中国・遼代に建てられたこの塔は、天寧寺が改築されているため、北京に現存する建造物の中では最古のものとなっている。

塔の外観は灰色であり、古めかしいこともあって崩れてしまうのではないかとも思えるが、長い年月を耐えてきたことからも分かるとおり、レンガ造りの密檐式で大変しっかりした構造となっている。
塔身には両脇に金剛力士が構えており、煉瓦でつくられた菩薩と天部も存在感を放っている。
また、面の境の柱には造立当初からある下り龍が掘られており、年月による損傷はありながらも素晴らしい出来栄えとなっている。

付近は住宅街がほど近くにあり、生活感の溢れる場所でもある。
雑多な環境の中で孤高にそり立つ塔は、仏教関係者からのリスペクトを一身に集めている。

編集部一押しの観光プラン

万里の長城へ専用車で楽ちんアクセス

北京旅行者の必読記事

(Photo by Zeus1234)
アクセス・入場

天寧寺塔へのアクセス


宣武区広安門北浜河路 
19、40、49、390番系統のバスで天寧寺停留所にて下車。

人気記事

WiFiを現地で使用して徹底比較!
【6ヶ国で実際に比較!】本当にオススメの海外WiFiレンタルはこれ!
北京のホテル
【北京のホテル】避けるべき危険地区の解説・お勧めホテル紹介
飛行機で安眠できる最強睡眠グッズを旅のプロが厳選