茅盾故居の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

茅盾故居 (ボウジュンコキョ)
茅盾故居 (マオドゥングージー)

2017/05/05 更新

基本情報

住所

北京市東城区后園恩寺胡同13号
メトロ6号線南锣鼓巷 駅より徒歩10分

料金

入園料 一般 5元
学生 2元

営業時間

9:00-16:00

休業日

5/18

HP

Maodun Former Residence
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

現代中国文学を代表する作家の終の住処

Maodun Former Residence

中国共産党に属し文化大革命を推進した偉大な文学家、茅盾(ぼうじゅん)。
のちに作家活動に専念し、一時は日本に亡命していたといわれる。
その後1974年から亡くなるまでこの地で過ごした。

胡同に建つ中国の伝統的な住居である四合院建築の建物で、この住まいがそのまま博物館となっている。
暮らしていた当時のままの居間や応接室に、日用品や文房具、衣類、書籍などがかつての姿のまま残されている。
展示室では、茅盾の生涯をパネルや写真などで紹介している。ガラスケースに展示された「子夜」の手稿は必見。

入口には「子夜書屋」という書店があり、茅盾の著書やや記念品が販売されている。
表には、茅盾の胸像が建てられている。
近年リニューアル・オープンしたばかりである。

編集部一押しの観光プラン

万里の長城へ専用車で楽ちんアクセス

北京旅行者の必読記事

(Photo by Alexander Pfeiffenberger Jgremillot)

アクセス・入場

茅盾故居へのアクセス

北京市東城区后園恩寺胡同13号
メトロ6号線南锣鼓巷 駅より徒歩10分

プラン相談

どんな北京旅行がしたいのか相談してみよう

「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
「最高のサプライズがしたい」
「4万円以内で北京旅行をしたい」
123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
➡詳しくはこちら

人気記事

北京のホテル
海外での防犯対策グッズ