ハワイ・プランテーション・ビレッジの観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

ハワイ・プランテーション・ビレッジ
Hawaii's Plantation Village

2017/05/05 更新

http://www.howtravel.com/wp-content/uploads/2016/01/slick_Hawaiis-Plantation-Village_100-1080x720.jpg

概要

ハワイの移民文化を学ぼう

Hawaii's Plantation Village

1976年に有志が集まり、10年以上の年月をかけて1992年に開設。ハワイのサトウキビ・プランテーションの最盛期だったころの各国の移民労働者の歴史を学ぶことができる。1830年代から1950年代までのハワイへやってきた中国人、ポルトガル人、プエルト・リコ人、日本人、沖縄人、フィリピン人、朝鮮人などからの移民の生活を、それぞれの国の写真や資料、復元した住居などを展示している。

園内は、ガイドによるツアーで回る。毎週月曜から土曜まで、1日5回、所要時間は約1時間30分。インフォメーションセンターで、ガイドによる農園の歴史などを聞いたあと、「タイムトンネル」と呼ばれるトンネルをくぐりぬけ、展示されているエリアへ。トンネルからは入植した順番に国が並んでいる。建物の中は当時の生活を示す資料のほか、家具や寝具、宗教、遊具などが展示されている。ほかには、集会場や、公衆浴場、医療施設などもある。

商店街では、つけ払いで購入し、給与から天引きをされていた。各国の人々は過酷な労働の中で、自国の文化を大切にしつつ、他国の文化とも融合させていき、現在のハワイのボーダレスな文化の基礎となったのかもしれない。

残念なことに、展示場内のいろいろなものが、現地の人や、ホームレス、観光客などに盗まれてしまったそう。くれぐれも少しだけだし記念に、と持ち帰らないように注意しよう。こちらの施設は常に新しい構想をたて、いろいろとアトラクションやイベントなどを企画している。訪れる際は事前に確認してみよう。

ハワイ旅行者の必読記事

人気記事

ハワイのホテル
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク