コナ・コーヒー・ベルトでのお土産情報、行き方、営業時間

コナ・コーヒー・ベルト
Kona Coffee Belt

2017/05/05 更新

http://www.howtravel.com/wp-content/uploads/2016/03/slick_Kona-Coffee-Belt_100-1080x806.jpg

概要

世界三大コーヒーのひとつ

Kona Coffee Belt

ハワイ島の西南側、フアラライ山とマウナ・ロア山にかけての西側斜面は肥沃な土地に温暖な気候と朝晩の寒暖差がコーヒーの栽培に適していることから、コーヒー農園が多くあり、この一帯を「コナ・コーヒー・ベルト」と呼んでいる。世界三大コーヒーのひとつコナ・コーヒーはこの地域で栽培され、厳しい品質基準をクリアしたコーヒーを指す。

サトウキビ栽培の労働者としてハワイへ渡った日本の移民が、任期終了後または過酷なサトウキビ栽培労働から、よりよい環境を求め、コナへ来てコーヒー栽培を成功させたと言われている。

コナ・コーヒー・ベルトには初期の頃の農園の暮らしを保存し、一般公開していたり、試飲や栽培についての説明、焙煎の体験ができる農園がある。日本で有名はUCCやドトール・マウカメドウズの農園もある。

秋から冬にかけて、コーヒーの実が赤く色づき収穫時期となる。赤い実は「コーヒーチェリー」と呼ばれている。また収穫が終わると、開花時期となる。白い雪の結晶のような花が一面に咲くと、まるで雪が降ったように見えることから「コナ・スノー」または「コナ・フレーク」と呼ばれている。

ハワイ旅行者の必読記事

(Photo by jai Mansson Malcolm Manners)

人気記事

ハワイのホテル
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク