スポンサーリンク

マウイ島のバス(マウイバス)の料金、乗り方 、路線図、注意点

マウイ島のバス(マウイバス)

2017/03/17 更新

maui-bus
  • データガイド

スポンサーリンク

スポンサーリンク

路線説明

マウイ島ではレンタカーで自由に動き回るのもいいが、レンタカーを利用しない場合は公営の路線バスも移動の選択肢に入れてみよう。タクシーや送迎シャトルなどに比べてリーズナブル。目的やスケジュールに合わせて観光ツアーやタクシーとうまく組み合わせれば、マウイ島内の主要スポットを十分に巡ることができる。

マウイバスはマウイ島の主要エリアをカバーする公共交通機関。マウイ郡の出資で、ロバーツハワイ(Roberts Hawaii)が運行。島民の生活に欠かせないマウイバスだが、一度使い方を覚えてしまえば観光の強い味方にもなる便利な交通機関。1回の乗車は一律$2と格安の料金も魅力。

County of Maui公式HP内「Maui Bus」(英語)
※TransLocリアルタイムバス到着情報、Google Transitルート検索(英語)はこのページから。

路線

中央マウイ(Central Maui)のカフルイ(Kahului)を中心に、南マウイ(South Maui)のワイレア(Wailea)、西マウイ(West Maui)のラハイナ(Lahaina)やカアナパリ(Ka’anapali)、カパルア(Kapalua)など、主要な町やリゾートエリアへ13路線と通勤サービス4路線を毎日運行。路線により60-90分おきの運行。

便利なルート
#10 Kihei Islander:カフルイ-キヘイ-ワイレア
#20 Lahaina Islander:カフルイ-ラハイナ
#25 Ka’anapali Islander:ラハイナ-カアナパリ
#30 Napili Islander:カアナパリ-ナピリ(カパルア)

時刻表/路線図URL(英語)

チケット

チケットの種類と料金

■片道一般運賃(General Boarding Fare):$2
・3歳以上
・2歳以下の子供1人無料で同乗(膝の上)可

■1日パス(Daily Pass):$4

■マンスリーパス(Monthly Pass)
・一般$45
・学生(Student)$30
・シニア(Senior/55歳以上)$25
※購入月末日まで乗り放題。有効期限は購入日から1か月間ではなく、各月1日から末日までなので注意。販売は前月25日から各月10日まで。

チケット販売所・購入方法

■片道乗車
・乗車時に現金払い

■1日/マンスリーパス販売所
・マウイバス車内
County Business Resource Center:マウイモール(Maui Mall)内、月曜-金曜8:00-16:30
Wharf Cinema Center Management Office:ワーフ・シネマ・センター管理事務所、月曜-金曜9:00-16:00

バスの乗り方

①停留所の確認
乗車するバスのルート番号が表示されていることを確認。運賃は前払いでおつりは出ないので、予め$1紙幣や硬貨を用意しておこう。

②乗車の意思表示
バスが来たら(ルート番号・行き先表示を確認)、手を挙げてドライバーに合図。

③前から乗車
・片道乗車:現金で運賃を支払う。
・1日/マンスリーパス:ドライバーに提示。

バスの降り方

①停留所の確認
マウイバスHPや下記アプリで事前に確認しておくか、目的地で声をかけてもらえるよう乗車時にドライバーに頼んでおこう。

②降車の合図
降りる停留所の手前で窓側のワイヤーを引く。

③降車

乗り換え

オアフ島やハワイ島のような乗り換えチケット「トランスファー/Transfer」のシステムはないので、乗車の度に運賃の支払いが必要(通勤路線以外)。往復や同日中に何度も利用するなら1日パスが便利でお得。

その他注意点

・荷物は55×35×22センチメートル以内、座席の下か膝の上にのせること。
・ベビーカーは折りたたんで乗車。
・車内での飲食/喫煙禁止。
・シートベルト着用。
・携帯電話はマナーモードに設定し、通話はしない。
・音楽プレーヤーや音の出るゲームはイヤホンを使用。
・走行中はドライバーに話しかけない。

便利なアプリ

最寄り停留所/ルート検索、リアルタイムバス到着情報をチェック。
TransLoc Rider

マウイ島のバス(マウイバス)の危険対策


(Photo by 293.xx.xxx.xx)

人気記事

海外旅行に必要なパスポートとお金
海外での防犯対策グッズ
マイルを貯めて飛行機に乗る
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク