スペイン広場の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

スペイン広場
Plaza de España

2017/05/05 更新

http://www.howtravel.com/wp-content/uploads/2016/01/5f1cf869c9238baffd30a2fab8d4f166-1080x720.jpg

概要

スペイン建築の歴史的建造物に囲まれ、グアムの歴史に思いを馳せる


ハガニア地区の中心部にあるスペイン広場は、1736年に建てられたスペイン総督邸があった場所。建物の大半は太平洋戦争で失われてしまったが、邸宅のテラス跡、珊瑚石で造られたアーチや塀など、333年に及んだスペイン統治時代の面影を今に残す建造物がグアムの歴史を感じさせる。

中庭の「チョコレート・ハウス」は、総督夫人が来客をもてなすときにここでチョコレートドリンクを振る舞ったことから名付けられた建物で、三連アーチ「アルマセンのアーチ」はかつて武器庫へ続く入口であった。野外音楽堂「キオスコ」は1980年に復元されたもの。

老朽化が激しかったが、2014年に大規模な修復工事を終え、当時の姿がよみがえったスペイン広場。周辺のハガニア大聖堂ラッテストーン公園、アプガン砦、チャモロビレッジなどと合わせて散策するのもおすすめ。

グアム旅行者の必読記事

人気記事

グアムのホテル
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク