スポンサーリンク

グアムのアクセス・交通情報

特集

マイルを貯めて飛行機に乗る

クレジットカードでマイルを貯めてタダで海外に!

頻繁に飛行機を利用しないからといってマイルを貯めてこなかった人は、大きな損をしているかもしれない。アメリカやヨーロッパへの往復フライトで得られるマイルだけで、東京大阪間の航空券や韓国や台湾といった近隣国の航空券に無料で交換することができる。また、公共料金の支払いをクレジットカード経由にしたり、日々発生する費用をクレジットカードで支払ったりすることでもマイルを獲得することができ、タダで世界中を旅行することも可能だ。この記事ではHowTravelのお勧めマイレージカード情報をご紹介する。

飛行機で安眠できる最強睡眠グッズを旅のプロが厳選

「到着した日は疲れて眠たいのは当たり前」、「飛行機の中では2-3時間寝られれば良い方」というような、機内で安眠できない旅行者のために、一年の内かなりの日数を飛行機内で過ごすHowTravel編集部が、最強睡眠グッズをご紹介する。せっかくお金を出して、限られた休暇の中で旅行に行くのだから初日から最終日まで目一杯旅行を満喫しよう。

HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スーツケース お勧め人気ブランドランキング

スーツケースの人気ブランドのランキング!数あるスーツケースのブランドから、特にオススメ出来るブランドを厳選してランキング形式で紹介する。

アクセス・交通

4件

guam-international-airport

1

グアム国際空港と市内へのアクセス

グアム国際空港(Guam International Airport/GUM)は、観光の中心タモン地区から南西におよそ3キロメートル、主都ハガニアからは東に5キロメートルほどのところに位置する空港。南の島グアムにある唯一の国際空港で、グアム初のアメリカ下院代議員アントニオ・ボルハ・ウォン・パット(Antonio Borja Won Pat)にちなんで「A.B.ウォンパット国際空港」とも呼ばれる。 ハワイやサイパンをはじめ、アメリカ本土、アジア各国やオーストリアへの国際線フライトを就航。JALを含む複数の航空会社が日本各地11都市との間で直行便を就航しているグアムの玄関口だ。日本から3時間-4時間で行ける便の良さもあり、日本人の利用も多い。 ターミナルは1つで、地下1階(Basement/Arrivals Level)が到着ロビー、1階(Apron/Departure Level)が出発ロビー、2階(Concourse Level)がゲートエリア。東ウイングと西ウイングがある。ハイシーズンに限らず、発着便が重なる時間帯は入国・出国とも長蛇の列になる事が多いので、時間に余裕を持ってスケジュールを立てよう。

guam-shuttle-bus

2

グアムのシャトルバス

グアムには公共のバスや電車がない。その為グアムを移動するには、観光客向けの「赤いシャトルバス」や、その他ショッピングモールや旅行会社の運行するシャトルバス等の利用が欠かせない。目的とスケジュールに合わせて上手に乗りこなせれば、タモン地区やハガニア地区を中心に観光やショッピングを十分に楽しむ事ができる。

guam-taxi

3

グアムのタクシー

気楽なシャトルバスや自由に動き回れるレンタカー等グアムでの交通手段は様々だが、目的地まで直行で連れていってもらえ、人数によっては送迎バス等よりお得になる事もあるタクシーもやっぱり便利。目的やスケジュールに合わせて、バスやレンタカー、観光ツアーとうまく組み合わせて効率よく移動しよう。

スポンサーリンク

guam-car-rental

4

グアムのレンタカー

気楽なシャトルバスや目的地まで直行できるタクシーなど、グアムにはさまざまな交通手段があるが、レンタカーが利用できれば行動範囲はぐんと広がり、より自由気ままににグアムの旅を楽しめる。待ち時間や荷物を気にせず、寄り道も思いのまま。オープンカーで海岸線をドライブするのも爽快だ。目的やスケジュールと照らし合わせて、効率よく利用しよう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク