スポンサーリンク

聖ジャイルズ大聖堂周辺

特集

edinburgh food

エジンバラの名物料理10選!お勧めグルメ旅

今まで日本ではそれほど馴染みがなかったスコットランドだが、近年の独立運動や、NHK朝の連続テレビ小説「マッサン」の影響で、徐々に注目も集まってきている。首都エディンバラは、古き良き時代のイギリスの面影を残し、世界遺産にも登録されている観光地である。ミシュラン星付きの有名レストランでの食事もいいが、せっかくであれば、町中のレストランでアットホームな雰囲気の中、寒いエディンバラならではの名物料理を食べてみたい。

Edinburgh plan

エジンバラ旅行5泊7日の予算とモデルプラン

ここでは5泊7日のエジンバラ旅行の予算の目安を、費用重視の「最低予算」と、時間や利便性を重視した「平均的予算」の2タイプに分けてご紹介。同じ5泊7日でも、GWや年末年始など混み合う時期かオフシーズンかで、飛行機代やホテル代が大きく変わる。 滞在期間がイースターやクリスマスなどスコットランドの祝祭日に重なる場合は、ショップやレストラン、観光地の休業情報や、交通機関の運行状況も確認しておこう。もちろん、訪れる時期ならではのイベントや期間限定スポットなどのチェックも忘れずに。有料観光地の入場料は高めだが、入場無料の美術館や博物館もある。

edinbargh

エジンバラのお勧め定番観光スポット10選

初めてエジンバラに訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック♪ 絶対行くべき定番スポットを厳選しました。

クレジットカードでマイルを貯めてタダで海外に!

頻繁に飛行機を利用しないからといってマイルを貯めてこなかった人は、大きな損をしているかもしれない。アメリカやヨーロッパへの往復フライトで得られるマイルだけで、東京大阪間の航空券や韓国や台湾といった近隣国の航空券に無料で交換することができる。また、公共料金の支払いをクレジットカード経由にしたり、日々発生する費用をクレジットカードで支払ったりすることでもマイルを獲得することができ、タダで世界中を旅行することも可能だ。この記事ではHowTravelのお勧めマイレージカード情報をご紹介する。

スーツケース売り場

海外旅行用スーツケースの選び方

海外旅行に行く際に持っていくスーツケースの正しい選び方を知っているだろうか? スーツケースは海外旅行と密接に結びつくもの。大切な荷物を入れて、一緒に旅を重ねるパートナーだ。一概にスーツケースと言っても色々な種類があって、利用するシーンによって適している素材やメーカー、大きさなどが異なる。正しい知識をつけて、自分にとって最適なスーツケースと出会って頂けたら嬉しい。

聖ジャイルズ大聖堂周辺

31件

Edinburgh Castle

1

エディンバラ城

エジンバラのシンボルの堅牢な城郭

スコットランドの象徴であるエディンバラ城。城内には、現存するエディンバラ最古の建造物であるセント・マーガレット教会堂や、戦争記念館が立ち並んでいる。また、王族の居間であるクラウン・ルーム、グレート・ホールには豪華な調度品が展示されており、エディンバラ城の波乱万丈の歴史を物語っている。エディンバラ市街と併せて世界遺産に登録されている。 人気の観光スポットなので混雑が予想される。十分に見学を楽しむのなら時間のゆとりを持って訪れたい。なお、8月にはミリタリータトゥーと呼ばれるパレードが開催されるので、開催月に合わせて訪れるのも良いだろう。日本語のパンフレットやオーディオガイドも用意されている。

The Scotch Whisky Experience

2

スコッチウイスキー・エクスペリエンス

ウィスキー愛好家は是非とも訪れたい

エジンバラ城近くにあるスコッチ・ウイスキー・エクスペリエンスは、50分ほどのツアーで製造過程を見学しながらウイスキーへの造詣を深めてくれる。 もちろんウイスキーに馴染みがなくとも楽しめる場所だ。

Museum of Scotland

3

スコットランド国立博物館

独自の歴史や文化を誇るスコットランドに触れる博物館

スコットランド国立博物館は、エジンバラの中心部に1988年に建設された国立の博物館だ。 博館内は無料(寄付歓迎)ということもあって、旅行者に人気のスポットだ。

スポンサーリンク

グラスマーケット

エジンバラの中心的通り

1995年に世界遺産に登録された旧市街に位置するエジンバラの歴史的エリアである。 グラスマーケットは市場の名ではなく通りの名を指している。

St Giles Cathedral

聖ジャイルズ大聖堂

エジンバラのスコットランド教会の最高権威

エジンバラ旧市街の中心にあるシンボルである聖ジャイルズ大聖堂。 特徴的な冠尖塔が人々の目を引くエジンバラで最も権威がある大聖堂だ。

ミリタリー・タトゥー

Royal Edinburgh Military Tattoo(ロイヤル・エジンバラ・ミリタリー・タトゥー)はエディンバラ城を巨大なセットとして使っている公演。 上演されるのは、イギリス軍やイギリス連邦の軍を中心とした踊りや演奏。

Greyfriars Bobby&Greyfriars Church

ボビーの像とグレイフライアーズ教会

忠義を尽くした犬、グレーフライアーズ・ボビー

実在したスコットランド版忠犬ハチ公と言われているグレーフライアーズ・ボビー。 ボビーはエジンバラの警官ジョン・グレイの飼い犬だった。

スポンサーリンク

Camera Obscura and World of Illusions

アウトルック・タワー&カメラ・オブスクラ

子どもから大人まで楽しめる映像トリック

エジンバラ城に通じるキャッスルヒル通りにあるアウトルック・タワー&カメラ・オブスクラ。視覚のトリックを利用した様々な写真、絵画、映像を展示したり、体感できるアトラクション型のスポットだ。

Museum of Childhood

子供史博物館

子供嫌いが作った博物館

子供史博物館はロイヤルマイルに面している玩具の博物館だ。 1986年に市議会議員によって作られたが、この市議会議員は子供好きと思いきや子供嫌いだったそうだ。

Real Mary Kings Close

リアル・メアリー・キングズ・クローズ

歴史から消し去れてきた悲しき居住区

16-19世紀エジンバラには想像を絶する貧富の差があった。 居住地は分けられ上流階級は高台へ、貧困階級は劣悪な環境になり得る低地への居住であった。

スポンサーリンク

スポンサーリンク