スポンサーリンク

スイスのお勧め定番観光スポット10選

swiss standard spot

2016/08/30 更新

初めてスイスに訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック♪ 絶対行くべき定番スポットを厳選しました。

スポンサーリンク

10位:トレイシャー

  • Teuscher Geneva

    "トレイシャー(ジュネーブ店)

    シャンパン・トリュフが有名なチョコレート店

    トイシャーは、日本でも髙島屋などの百貨店で販売されている人気のスイスの高級チョコレート『シャンパントリュフ』のお店だ。
    ヨーロッパをはじめ、北アメリカの各地や、アジアでは日本、韓国、タイ、上海、シンガポールなど、世界中に進出している有名なチョコレート店である。

    この記事を詳しくみる>>

9位:グローブス

8位:パテック・フィリップ時計博物館

7位:ユートリベルク

  • Uetliberg

    "ユートリベルク

    雄大な景色が見渡せる丘

    チューリッヒにある丘、ユートリベルクは、ハウスマウンテンと呼ばれる。
    山頂へ到達するまでの間、山道やハイキングコースが綺麗に整備されている。
    山頂へ到達すると、アルプスの山々を見渡すことができる。
    1年を通じて、多くの観光客が登頂し、雄大な景色を楽しんでいる。

    この記事を詳しくみる>>

6位:国際連合ヨーロッパ本部

スポンサーリンク

5位:フラウミュンスター 聖母聖堂

  • Church of our lady Fraumunster

    "フラウミュンスター 聖母聖堂

    中世の姿を今に残す伝統教会

    チューリッヒの数ある歴史的建造物の中でも、一際目立つエメラルドグリーンの尖った屋根を持っている建物がある。
    フラウミュンスター教会(別名、聖母聖堂)だ。
    教会の名であるフラウとは、ドイツ語で女を意味する。

    この記事を詳しくみる>>

4位:サン・ピエール大聖堂

  • Cathedrale Saint-Pierre

    "サン・ピエール大聖堂

    ジュネーブ旧市街に位置する大聖堂

    宗教改革の祖であるジャン・カルヴァンがホームグラウンドとして使用していた教会で、宗教史の観点からも重要な役割を果たした教会。実際にカルヴァンが使用した椅子が展示されている。聖堂内の展望台からは市内を一望できるため、眺望も楽しみたい。

    この記事を詳しくみる>>

3位:ゴルナーグラート

  • Gornergrat

    "ゴルナーグラート

    ツェルマット随一の絶景ポイント

    ゴルナーグラートは、ツェルマットの南東に位置する3,000メートル級の尾根と、その周辺地域一帯の名称だ。
    また、一般的にはその尾根に設置されている展望台のことを呼ぶ場合も多いだろう。
    スイス最高峰であるマッターホルンの山麓にあるツェルマットは、ダイナミックな自然の美しさを感じられる土地だ。
    ゴルナーグラートの展望台は、そんなツェルマット周辺でも随一の絶景ポイントとなっている。

    この記事を詳しくみる>>

2位:グロスミュンスター大聖堂

  • Grossmuenster

    "グロスミュンスター大聖堂

    宗教改革の先導を担った教会

    グロスミュンスターとは、大教会と言う意味だ。
    教会の創建は、カール大帝の時代である西暦1100年に始まり、11世紀から13世紀にかけて建て替えられる。
    カール大帝が3名の殉教者の墓を見つけ、その場所で建設を開始したと言われている。
    教会は、美しいロマネスク様式で建てられており、その美しい外観を見ようと、数多くの観光客が訪れているチューリッヒの代表的な名所だ。

    この記事を詳しくみる>>

1位:マッターホルン

スポンサーリンク

)

あなたにおすすめ

)

関連スポット