西教会の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

西教会
Westerkerk

2017/05/05 更新

http://www.howtravel.com/wp-content/uploads/2015/08/slick_Westerkerk-1080x710.jpg

スポンサーリンク


スポンサーリンク


概要

アンネ・フランクを見守ってきた教会

Westerkerk

17世紀に建てられた西教会は、オランダで最大のプロテスタント教会である。
85メートルの尖塔が目を引き、遠くからでもその姿を確認できる。
アムステルダムは地盤が柔らかいため、これは17世紀の技術で建設できた最も高い塔である。
塔は時計台を兼ねており、カリヨンには50個もの鐘が設置されている。
日に数回演奏されるので、運が良ければアンネ・フランクの家への入館待ちの間に聞くこともできる。

オランダ出身の画家、レンブラントは1669年にこの教会の共同墓地に埋葬された。
ベアトリクス前女王が結婚式を挙げたことでも知られている。

アンネ・フランクの家近くに位置し、教会横の広場には彼女の像がある。
西教会はアンネの日記にも度々登場するので、合わせて見学したい。

見どころ

目を引く水色の王冠

Westerkerk

尖塔の最上部には大きな王冠が取り付けられている。
建築時この王冠は金色であったが、修復工事やレンブラントの生誕記念イベントに合わせて色を変え、2006年から現在の水色となった。
この王冠は15世紀にアムステルダムを支配していたオーストリア皇帝、マクシミリアン1世を記念したものと言われている。
ツアーに参加すると塔に登れ、アムステルダムが一望できる。
内部は急な階段と梯子を登って行くことになるので、動きやすい格好で臨みたい。

アムステルダム旅行者の必読記事

人気記事

ドゥルーロップ アムステルダムの概案
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク