ミラノのアクセス・交通情報

特集

マイルを貯めて飛行機に乗る

【貯めなきゃ損】マイルを貯めてタダで旅行に行く方法を徹底解説

アメリカやヨーロッパへの一度の往復フライトで得られるマイルだけで、東京大阪間の航空券や韓国や台湾といった近隣国の航空券に無料で交換することができる。また、公共料金の支払いをクレジットカード経由にしたり、日々発生する費用をクレジットカードで支払ったりすることでもマイルを獲得することができ、タダで世界中を旅行することも可能だ。この記事では、マイルのお得な貯め方と使い方を徹底解説する。

飛行機で安眠できる最強睡眠グッズを旅のプロが厳選

「到着した日は疲れて眠たいのは当たり前」、「飛行機の中では2-3時間寝られれば良い方」というような、機内で安眠できない旅行者のために、一年の内かなりの日数を飛行機内で過ごすHowTravel編集部が、最強睡眠グッズをご紹介する。せっかくお金を出して、限られた休暇の中で旅行に行くのだから初日から最終日まで目一杯旅行を満喫しよう。

HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スーツケース お勧め人気ブランドランキング

スーツケースの人気ブランドのランキング!数あるスーツケースのブランドから、特にオススメ出来るブランドを厳選してランキング形式で紹介する。

アクセス・交通

7件

Aeroporto di Milano-Malpensa

1

ミラノのマルペンサ空港と市内へのアクセス

ミラノ・マルペンサ空港は、ローマのフィウミチーノ国際空港と並ぶイタリア最大の国際空港。ミラノ市の中心から北西およそ40キロメートルに位置している。ヨーロッパ全体で見ても特に忙しい空港のひとつで、毎年1900万人近くが利用。80社近い旅客便運航会社が入り、アリタリア航空が日本からの直行便を就航している。 2つのターミナルと2本の滑走路があり、3本目の滑走路が2017年に完成予定。ターミナル間は無料のシャトルバスで移動できる。「ターミナル1」は3つのセクションに分かれており、「ターミナル1A」は国内線とシェンゲン区域内のフライト、「ターミナル1B」と「ターミナル1C」はシェンゲン区域外とその他大陸間を結ぶフライトに利用されている。「ターミナル2」は現在イギリスの格安航空会社イージージェットのみが利用。

Aeroporto di Milano-Linate

2

ミラノのリナーテ空港と市内へのアクセス

ミラノ–リナーテ空港は、ミラノ市の中心から南東におよそ7キロメートルのところに位置する、マルペンサ空港に次いでミラノで2番目に大きい国際空港だ。市内中心地から近いことから、主にイタリア国内線やヨーロッパ圏内の近距離フライトで利用されている。アリタリア航空とアリタリア・シティライナーのハブ空港で、2014年の旅客数はおよそ900万人。ミラノ生まれの発明家で航空技術者の先駆けであったエンリコ・フォルラニーニ(Enrico Forlanini)にちなんで、「エンリコ・フォルラニーニ空港(Aeroporto Enrico Forlanini)」という別称がある。

milan taxi

3

ミラノのタクシー

イタリア・ミラノのタクシー料金は統一されており、メーターで表示される。

スポンサーリンク

4

ミラノのメトロ(地下鉄)

ミラノのメトロはミラノ市内の移動手段として多くの人々に利用されている。バスやトラムとは異なり、運行時間には比較的正確であるのも特徴だ。全部で4路線走っており、アジエンダ・トランスポルティ・ミラネージ(ATM)という会社の運営である。現在、1号、2号、3号、5号線が運行しており、2路線が建設中。 ミラノ市内の主な観光地やショッピングエリアは市内中心地にある為、メトロを利用すればほとんどのスポットにたどり着く事ができる。乗車券は、トラム・バスと共通で、時間制の乗車券や1日券・回数券等がある。利用回数によって選択すると良いだろう。

tramway

ミラノのトラム

ミラノのトラムは、100年以上の歴史のある交通機関で、地元の人々を初め、多くの観光客の移動手段となっている。 トラムは深夜遅くまで運行しているので便利ではあるが、交通事情によっては発着時間が大きく変更になることが少なくない。 トラムを利用する場合は、時間に余裕をもって、計画を立てることをおすすめする。

bus

ミラノのバス

ミラノのバスはミラノ市内を網羅し、メトロやトラムと同様に市民や観光客の移動手段として、便利な交通機関の一つである。 バスは、主要観光地やショッピングエリアを走行しているが、交通渋滞や状況によって、大幅に遅れたり変更になることが多い。

railway

イタリアの鉄道

イタリアの鉄道は、国内はもちろん隣国のフランス、スイス、オーストリア、ハンガリーなど、他国の路線とも結ばれている交通機関である。高度な技術を用い、国全体で約1万9000キロメートルにわたって路線が張り巡らされている。 イタリアの鉄道は「トレニタリア」と呼ばれるイタリア最大の鉄道会社を中心に運行を行っている。もともとは国営だったトレニタリアだが、現在は民営化されている。トレニタリアを利用すればベネチアからジュネーブまで約4時間、ローマからシチリア島まで約13時間で到着することができる。イタリア国内の観光や、隣国への移動には鉄道は欠かせない存在である。 トレニタリアの列車には、速さや料金、設備などが異なる様々な種類の列車が走っており、大きくローカル列車・特急列車・国際列車の3つに分けられる。ローカル列車には短距離-中距離を走るレジョナーレ、中距離-長距離を走るインテルレジョナーレ、準急列車のディレット、急行のエスプレッソがある。特急列車には、主要都市間を走行するインテルシティ、主要都市間を高速列車で結ぶエウロスター・イタリアなど、その種類は多種多様である。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク