スポンサーリンク

シャック・ギャラリーの観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

シャック・ギャラリー
Schack galerie

2017/05/05 更新

Schack galerie

概要

19世紀のドイツ絵画が見られるシャック・ギャラリー

隠れた美術館とも言われているシャック・ギャラリー。
シャック伯爵が集めた、19世紀のドイツ画家ベックリン、フォイアーバッハ、レーンバッハ、シュヴィント、シュピッツヴェークなどの作品が展示されている美術館だ。
あまり知られていないが、バイエルン・ナショナル博物館のとなりにあるこの美術館は、昔プロイセンの公館だった建物の中にある。

ラファエル前派が好みの方などが、楽しめるミュンヘンの穴場美術館である。
入り口は見つけにくいが、中は広々としていてゆっくり鑑賞することができる。
前述の画家の絵以外にも、ラファエロやティツィアーノのコピーの絵も見ることができる。

隠れた美術館ながら、ドイツの画家たちの作品をのんびり楽しむことができる、おススメの美術館である。

ミュンヘンの危険対策

人気記事

フィヤー・ヤーレスツァイテン・ケンピンスキーの客室
海外での防犯対策グッズ
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク