スポンサーリンク

ミュンヘンのトラムの料金、乗り方 、路線図、注意点

ミュンヘンのトラム

2017/01/06 更新

tramway
  • データガイド

スポンサーリンク

路線説明

ミュンヘンのトラムは、ミュンヘン交通局であるMVVが運行しており、ミュンヘン市内の交通網として栄えている。

トラムはメトロ・バスと同様にZONEという区間で区切られており、ZONE1-ZONE4まである。
ミュンヘンの主な観光地は、ほとんどZONE1内になるため、観光のみならZONE1で十分である。

乗車券はメトロ・バスとの共通券となる。
近郊列車Sバーンから、メトロへ乗り換えることも可能である。
乗車券は1回券から1日乗車券、観光客向けの1日乗車券+ミュージアムなどの割引券がついたシティーツアーカードなどもある。
1日にメトロ・トラム・バスを3回以上利用する場合は、1日乗車券がお得だ。

路線図HP
http://www.mvv-muenchen.de/de/service/downloads/index.html

乗車券の種類

乗車券の種類と料金

■1回券
片道切符。
有効期限はZONE1が3時間以内、ZONE2が4時間以内。
有効期限内であれば乗換えが可能。
ZONE1は€2.7、ZONE2は€5.4、ZONE3は€8.1、ZONE4は€10.8。

■1日券
1日乗車券。
メトロ・バス・トラムが一日乗り放題。
ZONE1は€6.2。

■3日券
3日間メトロ・バス・トラムが乗り放題。
ZONE1は€15.5。
上記のほか、1日券にミュージアムなどの割引特典がついた、シティーツアーカードもある。

乗車券の購入場所

■自動券売機
■WEBサイト
■車内で運転手から購入可能

券売機での購入方法

自動券売機には、定期券用やボタンタイプとタッチパネルタイプの近郊列車用などがある。
トラムの発券機は青色をしており、車内にも発券機が置いてある。

①目的地の駅がどのZONEにあるのか確認する。
②購入したい乗車券の種類を選択して、ボタンを押す。
③料金が表示されるので、お金またはクレジット(ボタンタイプは使用不可)を入れる。
④乗車券が出てくる。

トラムの乗り方

乗車券を購入したらいよいよ乗車だ。
①確認する
トラムが到着したら、目的地に向かうトラムであることを確認して乗車する。
トラムのドアは、前からでも後ろからでも乗車が可能だ。
②乗車する
トラムのドアは自動ではないため、手でレバーまたはボタンを押して開けなければならない。

③刻印する
トラムに乗車したら、乗車券を刻印機にて日時を打刻する必要がある。
刻印機はトラムの車内に設置されている。
刻印するのを忘れると、抜き打ちで検札管が検札を行うため、不正乗車とみなされて、高い罰金が課せられるので要注意だ。

トラムの降り方

目的地に近づいたら、運転手に降りる意思表示をしなければならない。
日本のバス同様、ボタンを押して降りることを知らせる。
到着したら乗車時と同じように、ドアをレバーまたはボタンを押して開ける。

1回券で乗車した場合、ZONE1のチケットであれば、3時間以内でメトロやバスに乗換えが可能だ。
ただし、途中下車・逆戻りは不可。
1日乗車券は乗り放題である。

その他注意点

トラムは交通状況によっては渋滞し、大幅に遅れることもある。
そのため、次に乗る予定だった乗換えに間に合わないなど、問題が発生する場合もある。
特に夜遅くに外出する場合、トラムが来なくて帰れなくなるなどのトラブルが起きないように、時間には余裕をもって計画を立てることをお勧めする。

ミュンヘンのトラム利用者の必携アイテム

スポンサーリンク

スキミング防止カード

  • "海外で多発するスキミング対策

    海外ではクレジットカードがスキミングされた結果、知らぬ間に多額の買い物をされたり、現金を引き落とされたりというケースが多発している。恐ろしいことに、クレジットカードを持っている人に近づくだけでスキミング可能な機械まで存在するといわれる。特に、バスや電車といった人が密集する場所や、タクシーなどのクレジットカードを利用する場所では注意が必要だ。そんな時に安心なのが、このスキミング防止カードだ。このカードと一緒にクレジットカードをしまっておけば、スキミングを防止することができる。SuicaやEdyといった電子マネーにも対応しているので、日本でも持っておきたいアイテムだ。

  • お勧めポイント

    ☑ 1枚のスキミング防止カードで2枚のクレカを保護
    ☑ ICカードと磁気カードの両方に対応

    Amazonで詳細を見る

    貴重品入れ

  • "現金からパスポートまでこれ一つ

    海外で日本人が遭遇する最も多い事件がスリだ。クレジットカードが一般的な海外において、日本人は多額の現金を持ち歩くので、恰好の獲物として狙われる。財布を後ろのポケットに入れて歩くのを避けるのはもちろん、内ポケットに入れていても熟練のスリであればいとも簡単に盗んでいく。最も安全なのは首から下げるタイプの貴重品入れを使うことで、ナイフなどで切られない限りは盗まれることはない。理想を言えば、この貴重品入れを首から下げてシャツの下に入れておけば完璧だ。

  • お勧めポイント

    ☑ 14ポケット搭載で現金からパスポートまで収納可能
    ☑ 電波遮断機能付きでスキミング対策も

    Amazonで詳細を見る

    ワイヤー式ダイヤルロック

  • "ファスナーの施錠やカバンから目を離す際に

    海外旅行時に絶対に持っていって欲しいのがこのワイヤー式ダイヤルロックだ。意外かもしれないが、カバンの中に入った財布や貴重品が盗まれるという事例が後を絶たない。特に、電車やバス、市場といった人が集まる場所では要注意だ。このワイヤー式ダイヤルロックでカバンのファスナーとファスナーの間を通すことによって、スリを未然に防ぐことができる。また、少し荷物から目を離す際などは、椅子やテーブルと荷物を固定することにも使える。とても使い勝手が良いので試してみて欲しい。

  • お勧めポイント

    ☑ 約100センチメートルのワイヤー
    ☑ 小型で軽量なため持ち運びに便利

    Amazonで詳細を見る

    (Photo by t-mizo)

    スポンサーリンク

    )

    あなたにおすすめ