セント ポール教会(聖パウロ教会)の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

セント ポール教会(聖パウロ教会)
Eglise Réformée Saint-Paul

2017/05/05 更新

http://www.howtravel.com/wp-content/uploads/2015/08/slick_Eglise-Reformee-Saint-Paul-1080x1919.jpg

概要

そびえ立つ2本の塔と豪奢なオルガン


セント ポール教会はイル川の中洲の南端に位置する教会である。
ストラスブールではノートルダム大聖堂に次ぐ大きさの教会であり、2本の塔の高さは76メートルにもなる。
歴史は比較的新しく、1897年に建築家ルイス・ミュラーによって建設されたネオゴシック様式の建築である。
第二次世界大戦中に爆撃にあい、フレームは鉄骨製である。
現在も色々な部分の復元工事が進められている。
塔の南側のバラ窓や、聖人と描いたステンドグラスが非常に美しい。

この教会で有名なのは、ストラスブールで最も規模が大きいオルガンである。
大オルガンは3段の鍵盤を持ち、非常に多くの音色を持つ。
このパイプオルガンを使用した演奏会も頻繁に行われている。

ストラスブール旅行者の必読記事

(Photo by Niko67000 Niko67000)

人気記事

海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
wifiレンタル
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク