スポンサーリンク

【フランス】パリのお勧め定番観光スポット10選

エッフェル塔の足元からの眺め

2016/08/30 更新

初めてパリに訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック♪ 絶対行くべき定番スポットを厳選しました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

10位:サント・シャペル

  • Stained glass of Sainte-Chapelle in paris

    "サント・シャペル

    ステンドグラスの創りだす幻想的な世界

    数多くの教会が建っているパリの中でも、サント・シャペルはイチオシの教会の一つだ。シテ島に建つこの教会の魅力はその内部で、パリ最古とも言われるステンドグラスが内壁を埋め尽くしており、ゴシック建築の最高峰の一つである。その総面積はなんと600平方メートルもあり、まさに一面がステンドグラスとなっている。

    この記事を詳しくみる>>

9位:ムーラン・ルージュ

  • Moulin Rouge

    "ムーラン・ルージュ

    世界で最も有名なキャバレー

    赤い大きな風車がトレードマークの、パリのナイトスポット。キャバレー。歴史は案外と古く、1889年までさかのぼることが出来る。当時から、歌にダンスにと多彩なパフォーマンスが話題を呼んでいた。

    この記事を詳しくみる>>

8位:ギャラリー・ラファイエット

7位:オルセー美術館

6位:モン・サン・ミッシェル

  • Mont Saint Michel in france

    "モン・サン・ミッシェル

    西洋の驚異と称される海に浮かぶ修道院

    この修道院の起源は708年のことで、アヴランシュの司教オベールが夢の中で、大天使ミカエルからこの島に修道院を建てろとのお告げを聞いたことがきっかけとなっている。モン・サン・ミッシェルとは「聖ミカエルの山」を意味し、古くからカトリックの巡礼地として欧州の人々に親しまれてきた。

    この記事を詳しくみる>>

スポンサーリンク

5位:ヴェルサイユ宮殿

4位:ノートルダム大聖堂

3位:凱旋門

  • Arc de Triomphe in paris

    "凱旋門

    フランスの戦いの歴史を物語る栄光の門

    凱旋門と聞けばパリのシャンゼリゼ通りの西端にある、この門を思い浮かべる人がほとんどだろう。しかし実のところ凱旋門と呼ばれる門はヨーロッパ全土にあり、その起源は古代ローマ時代にまでさかのぼる。凱旋門とは戦いに勝利したことを記念して造られる門の総称なのだ。

    この記事を詳しくみる>>

2位:ルーブル美術館

  • ルーブル美術館の入り口にある公園と噴水

    "ルーブル美術館

    世界一の美術館

    今日、世界で最も入場者の多い美術館。
    年間を通して、一千万人を越える来館者がいる。元々は、1190年にパリ防衛のための城塞として誕生し、その後1546年にフランソワ1世の統治下で王宮となり、以降歴代国王の宮殿として使われていた。

    この記事を詳しくみる>>

1位:エッフェル塔

  • エッフェル塔と噴水

    "エッフェル塔

    世界中の人々に愛されるパリのシンボル

    パリの名前を聞いて真っ先にエッフェル塔をイメージするという人は多いのではないだろうか。フランス100周年に合わせて万国博覧会が開催されたのが1889年。当時のヨーロッパは産業革命の真っ只中であり、未来を想わせるシンボルとして、数ある案の中から選ばれたのがこの鉄の巨大建造物であるエッフェル塔だ。

    この記事を詳しくみる>>

人気記事

海外旅行に必要なパスポートとお金
海外での防犯対策グッズ
マイルを貯めて飛行機に乗る
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク