スポンサーリンク

ルーブル (1区)×ミュージアム

1区ルーブル美術館界隈には、ルーブル美術館以外にも有名な美術館がある。世界最大級のミュージアムであるルーブル美術館を楽しんだ後に、是非足を運んでみたい。ルーブル界隈は非常に美しく整備されており、歩くだけでも楽しい。ルーブル美術館だけ見て帰るのも良いが、時間があれば少し散策してみると良いだろう。

このカテゴリーをパリ全域で見る

ルーブル (1区)×ミュージアム

3件

ルーブル美術館の入り口にある公園と噴水

1

ルーブル美術館

世界一の美術館

年間を通して一千万人を越える来館者が訪れる、世界で最も入場者の多い美術館。もともと1190年にパリ防衛のために誕生した城塞で、その後1546年にフランソワ1世の統治下で王宮となり、以降歴代国王の宮殿として使われていた。世界遺産にも登録されていて、所蔵作品は30万点超。主要作品を見るだけで数日必要なボリュームだ。金曜の18:00以降、26歳未満は入場無料になる。

Museum de Orangerie

2

オランジュリー美術館

モネの"睡蓮"のための美術館

オランジュリー美術館は、印象派を代表する画家クロード・モネの8枚の連作「睡蓮」を、最良の状態で鑑賞する為に建てられた特別な美術館である。 オランジュリー美術館の入っている建物は、元々ナポレオン3世が建築した建造物。1927年、当時首相であったクレマンソーが友人であるモネの睡蓮を展示する為に美術館として生まれ変わらせた。モネは自身の作品をクレマンソーに渡す際、「装飾のない白い壁に、自然光の元で展示する」、「連作を飾る部屋には他の作品を展示しない」等、展示にあたっていくつもの約束をさせたのだ。とはいえ、実は本当にその展示法が実現したのは最近の事。2001年から6年にも及ぶ大工事の末に、天井から自然光が降り注ぐ明るい空間に生まれ変わった。 所蔵数は約150点と規模はそれほど大きくなく、所要時間は1時間-2時間程度。その分一つ一つの作品をじっくり鑑賞する事ができる。日本語ガイドもあるので作品のバックグラウンドもよく分かる。静けさと自然光の元で様々な角度から絵を眺めれば、自分の中に新たな発見や感動が生まれるだろう。 館内ではモネの他にもセザンヌやマティス、モディリアーニ、ピカソ、ルノワール、シスレー等の19世紀後半-20世紀初頭を代表する画家の作品を展示。他の美術館や観光スポットとはしごするにも便が良く、敷地内のチュイルリー公園の散策もできるお勧めのスポットだ。

Musee des Arts decoratifs

3

装飾芸術美術館

日常の芸術にスポット

中世から現在に至るまで、人々の生活を彩った装飾品を15万点以上所蔵している。 2006年に改修完了し、きれいに展示されている。 ルーブルのマルサン翼に入っており、アクセスも非常によいので、お勧めだ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク