スポンサーリンク

バーデンの観光情報(料金・行き方・営業時間)

バーデン
Baden bei Wien

2017/05/05 更新

Baden bei Wien

スポンサーリンク

スポンサーリンク

概要

ウィーン最大の温泉保養地

Baden bei Wien

バーデンとは、もともとドイツ語で「風呂」という意味を持つ地名だ。
これが転じて、温泉地や、温泉地を中心とした街のことを指す。
ウィーン郊外のウィーンの森にも有名な温泉が湧く街があり、これを他のバーデンと区別して「バーデン・バイ・ウィーン」と呼ぶ。
基礎自治体章も、煉瓦造りの湯船に浸かる男女が描かれ、なんともユニークだ。

このバーデンの由来は古く、実にローマ時代にさかのぼる。
おだやかな暖かさの弱硫黄泉が湧き、リウマチや骨折などの治療に効果があるとされている。

屋内の温泉は通年利用できるが、屋外の温泉は5月から9月までの期間限定とされている。
美しい街並みと広大な温泉につかり、ゆったりとした時間を過ごしてみてはいかがだろうか。

見どころ

①音楽家たちも滞在したウィーン最大の保養地

Baden bei Wien

バーデン・バイ・ウィーンは、ウィーンを代表する音楽家たちともゆかりが深い。
モーツァルト、シューベルトなどの著名な音楽家たちもこの保養地に滞在している。
また、ベートーベンは耳が聞こえない状態でこのバーデンに滞在し、有名な「第九交響曲」を作曲したという。

バーデンの近くにはBeethovengang(ベートーベンの散歩道)と呼ばれるハイキングコースがある。
「散歩道」という名ではあるが、実に数十キロもの長さを持つルートなので注意しよう。

②保養地のカジノで非日常を楽しむ

バーデンの楽しみ方は温泉だけではない。ローマ時代から高級保養地として名を馳せたバーデンには、さまざまな娯楽施設も備え付けられている。

その中でも非日常的な体験ができる場所が、カジノだ。
オーストリアにはもともと国内に10を超えるカジノがあるが、その中でも最古のカジノが、このバーデンに立地する「カジノ・バーデン」だ。

オーストリアのカジノはドレスコードが定められている。
カジノ・バーデンも例外ではなく、夜会服が基本。
大人の遊びとして、きちんとめかしこんでから遊びに行こう。

ウィーンの危険対策


(Photo by Roberto Verzo Roberto Verzo Roberto Verzo)

人気記事

海外での防犯対策グッズ
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク