スポンサーリンク

ハノイ大教会の見所、料金、営業時間、アクセス・行き方等の観光情報

ハノイ大教会
Nhà thờ Lớn Hà Nội (ニャーソー・ロン・ハノイ)

2016/08/04 更新

St. Joseph's Cathedral

スポンサーリンク

概要

ハノイ中心部にそびえるゴシック教会

St. Joseph's Cathedral

ホアンエキム湖のほど近く、人々で賑わう通りの一角に立つ大きな教会。それが、ハノイ大教会(聖ヨセフ大教会)だ。
建築様式は、天を突く高い2本の尖塔が特徴的なネオ・ゴシック様式。東南アジアの熱気あふれる街なみで異彩を放っている。

ハノイ大教会は、もともとベトナムがフランス領となり、フランスからの入植者が入ってきたタイミングで建設された。
伝統的な教会建築は石造りが基本だが、高温多湿なハノイの気候に合わせて、レンガやタイルによる建築が行われたという。完成までには実に4年もの歳月を要した。

なお、ハノイ大教会が建築された場所は、もともと「報天塔」と呼ばれる仏塔が立っていた神聖な土地とされた場所なのだという。

見どころ

ハノイ市民の生活に根付く教会

ハノイ大教会のルーツはフランス植民地の名残だが、今やハノイの観光に欠かせない重要なポイントとなった。
また、観光のみならず、地元に住むキリスト教徒たちにとっては、信仰の地として、これまたなくてはならない場所なのだ。
ベトナムは東南アジア諸国の中でもキリスト教徒が多く、全人口の約10%がカトリックだという。フランスによる植民地化の影響が特に大きく、ハノイに立つ教会はほとんどが植民地時代に建てられたものだ。

ハノイ大教会には、日曜になるとミサのためにたくさんの人たちが集まる。また、クリスマスには特別な行事が執り行われるなど、キリスト教関連のイベントも開催される。
ハノイ市民の生活に根付く大教会の姿を、ぜひ見学してみよう。

スポンサーリンク

)

あなたにおすすめ

)

関連スポット