スポンサーリンク

胡朝城跡の見所、料金、営業時間、アクセス・行き方等の観光情報

胡朝城跡
Thành nhà Hồ (タイン ナー ホー)

2016/08/04 更新

Citadel of Ho Dynasty

概要

世界遺産に登録された城跡

Citadel of Ho Dynasty

「胡朝の城塞」とも呼ばれる、ハノイから南に160キロメートル行った所に位置する遺跡。
胡朝という王朝がベトナムを統治していた時代に建てられた城の、門と一部の城壁が残る。
東西南北にある門のうち南門の規模が最も大きく、門の傍には売店および展示室が置かれている。
展示室の解説はベトナム語と英語。

胡朝(1400-1407)の初代皇帝「胡季犛」により1397年に建てられた。
当時は7メートルもの高さの城壁が南北に約900メートル、東西に約700メートル続いていたという。
現在では城門と一部の城壁の他には特に何もなく、城内には畑が広がっている。

2011年にはユネスコの世界遺産に登録された。
ちなみにベトナムには現在、フエの建造物群、ホイアンの古い町並み、ミーソン聖域、ハノイのタンロン皇城の中心区域、胡朝城跡(胡朝の城塞)、ハロン湾、フォンニャ-ケバン国立公園、チャンアンの景観複合体という8つの世界遺産がある。

胡朝城跡の危険対策

人気記事

海外旅行に必要なパスポートとお金
海外での防犯対策グッズ
マイルを貯めて飛行機に乗る
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク