二二八国家紀念館の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

二二八国家紀念館 (ニーニーハチコッカキネンカン)
二二八國家紀念館 (アーアーバーチーニエンクワン)

2017/05/05 更新

http://www.howtravel.com/wp-content/uploads/2015/09/slick_Taiwan-Education-Association-Building_100-1080x810.jpg

スポンサーリンク


スポンサーリンク


概要

特徴

二二八国家紀念館は二・二八事件の背景を展示した資料館である。台北植物園至近のエリアに位置し、建物は1931年に日本政府が台湾教育会館として創立したものである。長らく会議場として使用されてきたが、2006年に二二八国家紀念館と改名し、2011年に資料館として開館した。

二・二八事件とは第二次世界大戦後の台湾人が在台中国人支配対して起こした反乱のこと。中国本土から派遣された軍隊によって多くの台湾人が犠牲となった。

展示

10のコーナーで詳細に事件を紹介しており、犠牲者の名誉回復を目的としている。非常に豪華な洋館で、回廊や天井の装飾に目を奪われる。ライティングや展示方法にも工夫が凝らされているので注目したい。写真や当時の資料が、建物と美しく調和している。

台北旅行者の必読記事

(Photo by Basso19)

人気記事

外貨両替窓口
台北のホテル
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク